フォーマルウェアー(正装)にはドレスとの共生地の靴が正装になります

フォーマルウェアーの正装にはいくつかの決まりごとがあります。その一つは靴です。

正装時の靴はドレスとの共生地で作った靴が正装となります。
ドレスの文化が日本に入った頃は一部の貴族社会の特権だったので、ヨーロッパ文化が忠実に再現されており、現在、博物館などで観られるサテンの靴が支流でした。

衣装や生活スタイルが一般化されると、それなりに都合よく見栄えのするように少しづつ変化して、靴までアドバイスをする人がいなくなっています。
フォーマルスタイルをきちんとした形で継続されているのは、皇室の関係者の方々です。この方々をお手本にされれば間違いはありません。

そこで美露土でもドレスとの共靴を提案しています。(…残念ながら商品化までは、まだ時間がかかります)
ドレスの裾からのぞく靴が共生地の場合は、何の違和感もなくとても素敵に見えます。

ステージでの演奏をされる方々は、頭の先から足元まで隈なく観られていますので、共靴だと客席から静かな歓声と感嘆のため息がもれます。「そこまで気配りをするのか!」や「なかなか憎いねぇ」という感情を引き出すのでしょう。

今までドレスをオーダーされた方には共生地の靴のお薦めしましたが、演奏者の方々は通常の歩き方とは違った所に力が入り、履き慣れていない状態だと安心して演奏できないので、慣れた靴の方が演奏に集中できて良いとの感想の方々が多く、提案までは控えていました。
今後、共生地のオーダーの靴を改良をしながら、他にも素敵だと思う事を色々と提案し、商品化したいと思っています。

ドレスと共生地との靴です。 やっぱり素敵ですよね。

オーダードレスだからこそ 共生地の靴が作れます。

ウエディングドレスの装飾のリボンは、好みを重視しながらデザインとバランスに合ったものを

ウエディングドレスのリボンや装飾品は、ほぼ仕上がったドレスとのバランスを見ながら決めていきます。

スタイル画の全体イメージで形は決めてはいますが、仮縫いなどで本体のドレススタイルが変化する経過で、装飾品も変化しないとバランスが取れません。
イメージのデザイン画でOKが出てから、トワール(シーチング仮縫い)を行いますが、顔立ちや身長・肩幅全体のバランスから、全く違ったイメージのドレスに変更する事もあります。

演奏用ドレスと違ってウエディングドレスの場合は、装飾品なども多く、お客様には長い間想い描いたイメージを強くお持ちの方も多くいらっしゃいます。

肌にピタッと添うドレス(仮縫い用ドレスですが)をお召しになって初めて、ご自分の似合うシルエットをご確認いただく状態になります。(もちろん試着ドレスは何点もお召しいただいてからになりますが、試着ドレスはお客様お一人お一人のサイズではありませんので、だいたいのイメージは掴む程度です)

仮縫い状態で、お客様のお似合になる一番綺麗なシルエットを見つけ、ご提案させていただいています。大幅に変更する場合や 生地変更になる場合も有りますので、装飾品などの手配や準備は、この仮縫い後から順に用意をして行きます。

 

一例として リボン作りを紹介いたします。

バックリボンは、ドレスの付ける位置によってサイズやデザインが全く違ってきます。

  1. 大きく背の開いた真下に付ける
  2. ウエスト位置に付ける
  3. ローウエストの長いトレーンに合わせて付ける

・・・など、色々あります。

本仮縫い時(実物生地、シルエットも決まった状態)では、ほぼドレスのシルエットも決まりますので、この時点で装飾品も仮縫い状態にします。

リボンの作り方は、羽部分と足部分を別々に作ります。
ドレスに合わせたサイズと広がり、動きが必要で確認をしながら作ります。

リボンの足部分は大変重要になります。
ドレスとのバランスは足の角度で決まり、また動きの良さもリボンの足の形で決まってしまいます。

ほぼリボンのバランスが決まったら、中心を巻く棒で締めます。
棒の巾や長さによりイメージが違いますので、本仮縫いで確認をします。

ほぼリボンの形が出来あがっていますが完成品ではありません。
本仮縫いの時にドレスとの付け位置・大きさ・動きを確認して、お客様の好みを反映し、プラスの装飾を加えたりもします。

上写真はリボンの装飾のみの説明ですが、ドレス全体の装飾品はドレスの仕上がりと同時に作って行きます。
リボンのイメージがコサージュになったり、全く別の装飾になったりなど、オーダードレスの製作工程は変化しながら、より良い物になるようにお客様と一緒にお作りしています。

ドレスの装飾品は別仕立ても素敵です

ドレスに装飾を付ける事により一段と華やかさが増し、ステージや会場も大変華やかになります。

ここではドレスに直接付けないで、別仕立ての場合をご紹介をいたします。

【別仕立ての利点】

  • ドレスに装飾が付いていないので洗濯が簡単
    (クリーニング代がお安い、素材デザインにより自宅洗濯が可能)
  • 色々と着まわしが可能
  • 色々なステージや競演者と相性に柔軟に対応が出来る
  • 演目や会場の雰囲気に合わせる事が出来る

・・・など、色々な利点があります。

写真のドレスはブラウスとスカートの2ウエイタイプになっています。装飾のサッシュベルトは別仕立てです。

 

装飾【コサージュ】

コサージュを作る為のパーツ作りを準備します

少しずつ形にし色合いを調整します

色々な組み合わせが出来るよう、一個一個が独立しています

一個のコサージュをしようした場合

華やかなステージなどでは、コサージュを全部組み合わせてのご使用も出来ます。

 

装飾【サッシュベルト】

ベルトに描く図案を決めます

流れの中心から装飾テープを取り付けます

装飾を入れたサッシュベルトの仕上がり

ドレスにサッシュベルトを着用した様子

上記の2点の装飾品は、ドレスとの共生地使用の別仕立ての装飾品です。
共生地での装飾は上品で、どのような場面でも合います。 
共生地がドレス着用の基本となりますので、揃える事をお薦めします。