演奏会などのオーガンジードレス 透ける素材の生地端の始末はかがりミシンで仕上げます。

オーガンジー素材やジョーゼット素材 ドレスには多く使用されていますが 透明性と軽さからドレス端、生地の端始末はかがりロック始末が一番きれいになります。

オーガンジーのドレスの丈などは 着る人に合わせて丈調整をしますので 全体が仕上がってから、ドレス丈の仕上がりのかがりをします。

フリルや装飾としてドレスに組み込んでしまうものは 先にパーツを作り生地の端の仕上がりも終えます。

今回はトレーンを装飾年てプラスしますので オーガンジー生地の端始末は先に仕上げます。

オーガンジー、ジョーゼットなど透ける素材の生地の仕上げは 端かがり か三巻仕上げが良く 生地が見えるのでヘム(折り上がる)仕上げはきれいではありませんね。

ロックミシンをメモリを一番細かく細くすると かがり目になりますので ご自身でなさる時はミシンの調整をし挑戦してみてくださいね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/