ウエディングドレス ドレープのパターン作り

ウエディングドレス ベアトップのドレスが支流の昨今 身頃をいかにデザインを豊にするかが勝負になりますね。

着る人の顔に近いトップの部分はドレスの顔になります。

素材、装飾、そして生地のテクニックなど ドレスの小さな身頃部分ですが そのドレスの大事なイメージを作り上げます。

写真は身頃に斜めドレープを入れ その流れの方向が腰部分にあつめ 螺旋を描くようにスカートの先へと流れるようなドレープをボディーに添って作っています。

バイヤス地のドレープはそのサイズに合ったボディーに合わせでドレープの分量、方向を決めます。

ボディーから外したドレープを 広げでパターン用紙に写し 後ろとのつながり具合をみながら 正式なパターン作りをして行きます。

素材、デザイン、サイズによりドレープの分量は変わりますので そのデザインでのパターン作りが必要になります。

パターン作りなどで ご相談がありましたら お気軽にお問い合わせください。

 

Comments are closed.