高校生向きの演奏用ドレス ドレスの裾仕上げは最後の仕事になります。

高校生向きの演奏用ドレス 全体が仕上がってからスカート部分の生地調整をして ドレス裾の仕上げは最後の仕事になります。
黒とベージュ系のコンビネーションのドレスを作りました。

身頃の縮加工の生地は、特殊な熱処理加工で縮みを出しています。

身頃に利用する場合は 裏地をサイズ指定に作りますので その裏地に合わせて表地の伸びが保たれます。

生地の端は縮加工の無い糸で織り込まれていますので、同じ生地続きがペプラム風になり 生地の特徴を生かして用いました。

お洒落な一点物ドレスになります。

高校生位の御嬢さまでは まだ、ロング丈のドレスより ミディー丈のドレスの方が演奏会にお薦めで。

まだ初々しいお顔には、ミディー丈が好感が持てるような感じがします。

Comments are closed.