2010年を新な気持ちで「いざ!」

明けると2010年です。
新年を迎える短いこの一瞬は、日本人ならではの感性なのでしょうか。

このぼんやりとした猩猩の灯は、来る年への精進な気持と共に煩悩を沈静にし、大自然の中では総て無力で平等と感じさせます。この数時間の静けさが大変心地良いです。

数時間後には「今年こそは、〜と〜で」と選挙宣誓のごとく、慌しく世の中が動き出します。
「一年の計は元旦にあり」とはうまく言ったもので、数時間前の静けさが一瞬に吹っ飛んでしまう。これもまた日本人なのでしょうね。

Comments are closed.