好きなドレスが 又着れるようにドレスのお直しいたします

探して、選んで買ったドレスは思い入れがあり、又着たいですよね。手早くお直しをしてまた着れたら嬉しいですよね 次の演奏会までにご準備なさいませんか?
お直しのお手伝いいたしますよ。

ドレスは体にピタット密着していて綺麗にみえます。 そのためには身頃、胸周り辺りのきつさや、ぶかつきは醜いものですね。

ドレスの丈や裾巾の広がりに多少のお直しが必要でもそれほど見た目には気にならないものですが 身頃がピタットからだに添っていないと演奏会などでは お客様がその身頃辺りに目が行き、気にしてゆったり演奏を楽しむ事が出来ません。

演奏会にドレスを着用してステージに立つ場合は
ご自分の都合で ドレス直しをたいけど今回は我慢する は禁物です。
なぜってお客様に聴いて頂く、見て頂くものですから。

お直ししたいドレスをお持ちなら ドレスの一番目につく身頃、胸周りだけはピッタリ合うようにお直しする事をお薦めします。

動画でも説明していますが ドレスを試着をして 必要なサイズがどれだけかを確認します。

2c位でしょうか とか 3c位でしょうか のような空想の数字は試着すると必ず足りないはずですので 試着をして不足サイズをお出しください。

そして演奏する楽器や演奏者の体の動きなどは人それぞれですので 演奏する時の動き余裕分も必要になります。

ピアノ演奏やヴィオリン演奏で体の動きは違いますので 演奏しやすい分量がドレスには必要になります。

身頃がすっきり見えればそれだけで もう安心して演奏会にのぞめますし お客様もリラックスしてお聴きいただけます。

大きなお直しや リメイクはちょっと時間がかかりますが とりあえず身頃のピッタ感のお直しは短時間でお直し出来ますので

お悩みの方は お気軽にお問合せくださいませ。

ご連絡をいただければ試着をして仮縫いをする 方法の手順をご連絡させて頂きます。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

 

旅行着には、凄くうれしいシワにならず軽いジャガード生地のご提案

DSC02767

軽くて、シワにならない生地のハオリ物は旅行着には絶対にうれしい一着ですよね。製品ではなく軽い生地のご提案です。 お好きなデザインの羽織ものをお作りになりませんか?

日常の生活の中の衣服は 軽く、シワにならない、洗濯しやすいものが大変好まれます。

そのような中でジャケットなどの羽織ものに最適な生地を作ってみました

花柄の出ている所を生地が浮き出るようになっているのは その部分に熱処理で繊維が縮む糸を織り込んでいるからです。
裏面の糸が縮み表面はぷくぷく感が出て 生地にふっくら感があり、シワにならな状態をつくります。

このジャガードの生地は生地自体に面白い工夫がされているので、裏なしの単衣仕立てのジャケットが一番向いています。

色合いもパープル系グレーになっているので 上品な柄になっています。

生地はこちらで販売をしています。   ごらんくださいませ。

 

好きなドレスがまた着れる 演奏会ドレスのお直しやさん

演奏会に出る為に買ったドレス、色々吟味して、試着して買いました。 そんな思い入れの演奏用ドレス 何度も着たいですよね。体系サイズは変わるものです お直しをして又、演奏会に出てハッピー気分を味わいませんか!

若くはつらつとしていても 時間の経過で体系のサイズは変わります。無理無理にドレスが着れても演奏するためのドレスは演奏に支障がでます。(苦しい、きつい状態が頭のどこかにあり演奏に集中できませんよね)

演奏会は自分よりも、聴いてもらう人の為でもあります 見た目もすっきりご自分も安心して楽に演奏できる事って大事ですよね。

チョットのお直しで解決できるって嬉しくないですか!

ドレスはその着る人にピッタリ合っていればとても綺麗に見えるものです。 時間の経過でドレスがきつくなったり、ゆるくなったりは必ずあります。

着ているドレスが一番綺麗に見えるポイントは 身頃がその人にピッタリ合っているかどうかになります。

全体のドレスのサイズは合っているが、胸周りがチョットゆるい 肩のあるドレスでは感じないのだけれど、ベアトップ(肩なし)ドレスを着た時 胸トップがゆるくステージでお辞儀をする時凄く気になる経験はありませんか?

お買いになった時はピッタリで、その後もサイズは同じであっても 胸周りの体系は少しずつ変わります。 特にベアトップドレスは胸周りをピッタリになっていないと見苦しいですね。

胸まわりがぶかつくサイズのお直しをします。 脇線とバストラインを詰めてみます。

ドレスの胸トップ位置をピッタリにしました。

人前でお辞儀をしても安心なお直しになっています。

※ ドレスの丈詰めや 身頃の幅の詰めは 簡単にお直しするところはありますが 身頃をピッタリ 特に胸周りを綺麗にピッタリ添うお直しは 当店だけではないかと思います。 それは着る人に合う様に仮縫いを必ず入れているからです。

仮縫いを入れる技術は ドレスを作る事ができものだからこそと思っています。 お直しは丁寧にするぼど綺麗な仕上がりになります。

お直し代は少しアップしますが 安心できれいなシルエットで演奏会に望んで頂きたいと思います。

安心のあるるドレスは、良い演奏にも繋がっていますね。

  ご質問などありましたらお気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

軽くて、シワにならない膨れジャガード生地の紹介

400-j

軽くて、シワにならない生地は羽織ってても疲れないし、旅行着に最高ですね。 膨れジャガード生地の紹介です。

旅行着にはどんなものが良いか と考え開発した生地です。

1、シワにならない、2、軽い 3、着心地が良い(ふんわりと体をしめないもの)

そしてこのような生地開発しました。

   生地左側は表面 右側は裏面になります。

ストライプ状態になっているところが縮む糸で織っています。 熱処理でそのストレイプ部分が縮み表面がぷくぷくした状態になります。

生地全体にも縮糸が織り込まれ細かな地模様を描いています。

このぷくぷく感がふっくらとした 軽い生地になっています。 ふくらみのある生地はシワにもならず
ふくらみのある分暖かく羽織る事が出来ます。

一枚仕立てで 十分な温かさを持った生地になっていますので ご年配の方の軽い羽織ものや旅行の一着に最適なものになりますね。

ハックの奥深くしまってもシワにはなりません。

グレーと白のお洒落な花柄は 落ち着きと品の良さが出てて おすすめしたい生地になります。

http://www.azamiya.com/item/gjf-1/  ← こちらで販売をしています。

生地について また縫製など のご質問はお気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

スカートのお直し ベルトの長さをプラスする場合

スカートのお直し ベルトの長さをプラスする簡単なお直し方法

スカートのウエスト出しのお直しで 時間が経つとウエストがきつく着ずらくなっていませんか?

簡単なお直し方法をお知らせします。

ギャザー入りのロングスカート ウエストが3c位不足していたので共生地(生地が残っていたので)ベルト先に生地をプラスして

不足分を出しました。  ←の部分が生地の接ぎ目になります。

スカートのウエストギャザーの部分を3c広げて出す方法ですが 後ろ中心から左右が均等に成るように ギャザー分を出します。

その為に後ろ部分のベルトは一度外してから 付け直す方法にしないと ギャザーが偏ります。

少しのお直しで またお召しになって演奏会、発表会に参加されると ドレスへの愛着も沸き ドレスも喜びますね。

お直しに関して どのような事でもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/