中学、高校生向きの演奏用ドレスの作り方のポイント動画にて説明しています。

中学、高校生向きの演奏用ドレスの作り方、選び方のポイントを説明しています。

音学大学を目指すお嬢様方 それまでには多くのコンクールにも挑戦されていますね。

最近はトータルな演奏スタイルも要求される様になってきました。

演目や会場、コンクールの趣旨などに演奏者のスタイル、雰囲気が合っているか までも、審査員の目は観ているとお聞きしています。

中学、高校生のまだ大人になっていないお嬢様方に似合うドレス選びは難しいものですが その年代に似合うポイントがドレスの中にあれば
安心して演奏会に望むことができますね。

お母様の手作りドレスも十分素敵な演奏用ドレスになります。

ご質問がありましたら お気軽にお問合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

ドレスのお直し キャミソールの場合

ドレスのお直し 胸まわりが一番ピッタリ添っている事が一番綺麗に見えます。本体のデザインを変えないお直しが良いですね。

ご本人のサイズでどれ位不足しているかを別の生地を当てて 先ずはサイズ出しを確認します。

だいたいの不足分を確認して サイズ出しの準備をしていきます。

仮縫い状態が出来たらご本人に着合わせをして頂き サイズ調整をし仕上げに入ります。

演奏用ドレスは いつもいつもお召しになるものではないので 間を置いて演奏用にご使用になる時は サイズがピッタリ合っていると嬉しいものですよね。

時間の経過でどうしてもサイズが合わない場合もあります。 そこでドレス美露土では他所でお買い上げ頂いたドレスもお直しをしています。 ドレス本体は高価なものですので いつまでもお召し頂きたいと願っています。

特殊な物以外は ほぼどのようなドレスもお直し出来ます。お気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

ドレスのお直し ニットドレスの場合

ドレスのお直し ニットドレスの場合の説明です。

既製品のドレスには サイズ対応の範囲を広くする為 最近ではニットやストレッチ素材のドレスも多く出回っています。

ニットのドレスはその人のサイズぴったりより、もっときつく締める必要がありますのでお直しする時には注意が必要になります。

素材に合わせたお直し方法が必要です。 デザイン、縫い糸、お直しのポイントを見つけてお直しをしないと本来のデザインが損なわれますので注意が必要になります。

お直しなど ご質問がありましたらお気軽にお問合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

ドレスに付く装飾の大振りの花(コサージュ)もパターンを作ります

500-hana

ドレスの装飾の大振りの花(コサージュ)はイメージで作りがちですがパターンをきちんと作ればより良い仕上がりになります。

ドレスの全体の大きさからのコサージュ作り 先ずはイメージで作ってみます。

オーガンジーのバイヤス断ちで花びらを一枚ずつ構成しますが オーガンジーの生地の張具合によりイメージも異なってきます。

写真は ソフトな薄地のオーガンジーを使用しています。

ドレスの全体のイメージにもよりますので チュールを芯に合わせて作る場合もあります。

ドレスの裾部分に付くコサージュで直径55cの花を仮に作ってみました これをどのような表情の花に仕上げるかは これをパターンに展開しながら 枚数と合わせ検討します。

コサージュといえども きちんと基本パターンを作ってあれば 花びらの表情がどのように展開したいかが解ってきます。

これはご依頼のコサージュのパターン作りになりますので 基本パターンがあれば後は ご自身のイメージをプラスしてより良い者になるはずです。

装飾品は作り手のイメージがそのまま出て 2個3個と作る内に段々形が変わるものですが 基本のパターンがあればほぼ 同じ表情のコサージュができます。

小さな物もパターンを作る事は大事であると思います。

何かご質問があればお気軽にお問合せくださいませ。 

ウエディングドレス ドレープのパターン作り

ウエディングドレス ベアトップのドレスが支流の昨今 身頃をいかにデザインを豊にするかが勝負になりますね。

着る人の顔に近いトップの部分はドレスの顔になります。

素材、装飾、そして生地のテクニックなど ドレスの小さな身頃部分ですが そのドレスの大事なイメージを作り上げます。

写真は身頃に斜めドレープを入れ その流れの方向が腰部分にあつめ 螺旋を描くようにスカートの先へと流れるようなドレープをボディーに添って作っています。

バイヤス地のドレープはそのサイズに合ったボディーに合わせでドレープの分量、方向を決めます。

ボディーから外したドレープを 広げでパターン用紙に写し 後ろとのつながり具合をみながら 正式なパターン作りをして行きます。

素材、デザイン、サイズによりドレープの分量は変わりますので そのデザインでのパターン作りが必要になります。

パターン作りなどで ご相談がありましたら お気軽にお問い合わせください。