花柄プリントの演奏用ドレス 爽やかさをお届けします。

600-hana

演奏会に花柄プリントドレス 春、到来の爽やかさをお届けします。

最近ではプリント柄のドレスが少なくなっています。

染色工場などの減少によるもののようですが 花柄のプリントは春の演奏用ドレスの装いにはやはり嬉しいものですね。

ドレスは薄地のサテン地にプリント柄を置いたものです。

生地は一着分しかなく 現品販売用に制作しました。 とても軽い仕上がりになっています。

素材にもよりますが この生地は薄地サテンでキュプラの裏地との間で少し生地同氏がまとわりつく静電気が起きます。そこで表と裏地の間にソフトメッシュ地(チュール)をはさみこみました。

網目状のチュールはいくらかのふんわり感も出て ドレス全体に柔らかさが出ています。

チュールは静電気防止とドレスの広がりも出て プリント柄のドレスの印象が良くみえます。

ピアノ演奏やヴィオリン演奏、ハープ演奏など このドレスをお召しになればステージ上が華やかになりますね。

こちらで販売をしています。  ドレス丈は 身長170c位対応可能です。 サイズ9~11号になります。

 

自分で洗えるドレス 同素材のスリップドレス付きで完成しました。

DSC02392

自宅で、自分で洗える演奏用ドレス トラブルが起きない素材と縫製で仕上げてみました。

演奏する人にとっては演奏後のドレスのお手入れは大変厄介なものですね。 パーティードレスと違って、演奏用のドレスはたっぷりと汗をかき 素材によっては わじみが出来変色する場合もあります。 ですから演奏後のドレスのケアーは大事になります。

演奏会が連日続いたり、遠方での演奏会であったりした時などは悩みの種ですね。

そこで今回は 自分で簡単に自宅でも、ホテルでも洗濯出来るドレスを作ってみました。

チュールメッシュ素材とジョーゼットを合わせて仕立て 裏地は付けていません。 裏地付でも自宅洗濯は可能(素材を選ぶ)ですが アイロン仕上げが必要になります。

どなたでも簡単に洗濯出来る素材でのドレスになります。

前スタイル パニエなし

後ろスタイル パニエなし

裏側に合わせたジョーゼットでスリップドレスを美つ仕立てでつくりました。

裏地変わりになり 別仕立ては洗濯が楽、ドレスの透けの心配がなく動きやすく演奏しやすい。

同色、同素材のスリップドレスを合わせると 表から見る色のトーンが一緒なので下着っぽさが表に出ず安心して演奏に集中できます。

ドレスの内側の様子 ドレス本体の表地(チュール地)とジョーゼットを同時に縫い込んでいます。

同素材のスリップをスリップ止めで安定させて着用します。

別パニエを合わせれば スカート部分の広がりが出ます。

軽く、シワになら、洗濯可能のドレスをご提案します。

素材に光沢感がないので 演奏会でのメインのドレスにはチョット難しいかもしれませんが 練習用ドレスや替えのドレス
小ホールでの演奏用ドレスには向いていると思います。

こちらで現品を販売しています。

オーダーもお受けいたしております。 お問い合わせはこちらまで、お気軽にどうぞ

ドレス制作、華やかさをプラスするには手仕事が加わります。

演奏用ドレス 楽器演奏に支障のない部分(楽器に触れると困る)でのドレスの華やかさのプラスは装飾品を付けるとより華やかになりますね。

バイオリン演奏やハープ演奏 など楽器を抱えたり、触ったりしての演奏では ドレスの装飾品には気をつけなくてはいけませんね。

ドレスに付いている装飾品が金属品やガラス質の物は特に注意が必要です。

ピアノ演奏の様に楽器から離れてのドレスの着用には ステージによって装飾品の付いたドレスがとても華やかさをプラスします。

素材や色、デザインによりドレスは色々と着用範囲が多くありますが
見られる立場でのドレスをお召しになる場合は華やかさが少しあると良いですね。

ミシンなどでの装飾付けも有りますが オーダーで頂いたドレスは
着る人の雰囲気に合う様に ビーズやスパンコールを手付けで そのデザイン、着る人の雰囲気に合わせて付けています。

手付けで行っていますので 増やし、減りなどはご希望で調整出来ます。

仕上がりはこんな感じのミニ丈ドレスです。

このままの着用も パンツとのセットでの着用もその場に合わせて可能です。

このドレスがロング丈の場合は 装飾はもっと多く付ける事になります。

ご質問 お問い合わせなどありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/