ウエスト部分をハードに仕上げて全体のソフトなドレスをキープします。

500-topu

ジョーゼットやシフオンのような柔らかい素材のドレスは 生地を生かす為に ウエスト部分で全体のドレスをキープする様に仕立てます。

身頃の部分で襟ぐり、袖ぐりはドレスの仕上げは一般には見返しで形を保ちますが 柔らかな素材を生かすには
見返しなしの仕立て方(上級編)で仕立てます。 この仕立ての方が素材の良さが出ます。

身頃の表はプリントジョーゼット で 裏地は同サイズで断ち 裏地の襟ぐり、袖ぐリの縫い代にテープ芯を貼り パターンのサイズ形状を保ちます。

この技術はチョットハイテクになりますが 軽いドレスを作るには必要なテクニックです。

ドレのスカート部分の長い生地は 軽い素材であっても 身頃を引っ張り生地に負担がかかります

そこで ウエスト部分でしっかり スカート部分、身頃を保つようにしなければなりません。

この部分がウエスト部分の切り替えパーツになります。

この山形にした小さなウエストのパーツは 裏側にハードな芯で形をキープしています。

着る人のサイズにピッタリ合わせる事で身頃の生地に負担がかからず スカート部分はスカート単品のような軽やかな動きが出来 素材の優雅さでふんわりとした動きが演出できます。

大き目のプリント柄は ウエストの複雑な切り替えが目立たない利点があります。

素材を生かす、素材に合わせたドレスの仕立て方もありますので ご参考にどうぞごらんください!

プリント柄のドレス 裁断したパーツを組み合わせてみます。

ドレスの裁断したパーツを先ず組み合わせてみます。大きな柄は 同じ柄が続くと見苦しいので柄の配置は重要になります。

プリント柄はジョーゼットやシフォンなど柔らかな素材に多くみられ

全体に軽く動きの出るようなドレスに仕上げる事が綺麗なドレスの顔になります。

素材の柔らかさを生かして 見返し部分はなく 表地と裏地との仕上がりになります。

ミモレ丈などのワンピースは軽い、薄地の仕上がりでも良いのですが ドレスの様に長い生地の場合は 生地の重さで伸びる心配も出てきます。

そこで今回の様に ウエスト部分で切り替えその部分をハードに仕上げる事で ロングスカート部分のパーツを保つことが出来ます。

裾の広がりが多い場合は ウエスト部分での切り替えのあるドレスが柔らかない素材には合うと思います。

 

ドレスのパターン作り デザイン違いは総て一回ずつ作ります。

オーダードレスのパターン作り デザインの違いのものは総て一回ずつ作っています。

ドレスのパターン スカート部分 2枚接ぎ、3枚接ぎ、4枚接ぎ、6枚接ぎなど とデザインは色々ありますが 共有出来るものは共有して使いますが
デザインを変えたり、ドレ-プのある物は その都度パターンから作っています。

ウエストで切り替えのある場合はスカート部分の広がりを 生地とのバランスで作りますが Aラインドレスの様に身頃から裾まで繋がっているドレスは
身頃の肩からの流れを見ながらパターン作りをします。

パターン上にドレスの作り、縫い注意なども書き込みますので パターンはただ裁断する為だけではありません 生地の裁断物が長いので 生地の伸び分も考慮して つなぎパーツとの合印も入れます。

デザインがぼぼ同じ場合は パターンを共通に使う場合もありますが 生地違いにより同じパターンでも まったく違う仕上がりになる場合もありますので仕上がりを想定して パターンを作ったり、使い分けたりしています。

着物地からドレスにリメイクをします。着物地の裁断物の配置を確認します

着物地からドレスにリメイクをします。

湯のしから上がった反物を裁断して柄の位置確認の為ボディーに合わせます。

今回は演奏会用に着物地のリメイクドレスを使用したいとのご希望なので 動きのあるドレスが良いので着物地の間にジョーゼット素材をはさんでいます。

着物地だけでは重さがあり動きがあまり出ません そこで動きやすく 軽やかに見える様にジョーゼットを使用しています。

ドレスとしてお召しになる場合は 身頃などはすぐ肌にピッタリ添いますので 肌触りの良い素材や 裏地を吟味しなければなりません。

着物の場合の重ね着の使用と全く違いますので リメイクする時は色々注意が必要です。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

着物地からドレスにリメイクする場合、着物を解いてつなぎ合わせゆのしに出す準備をします。

着物地からドレスにリメイクする場合 先ずゆのしに出して縫目を消し、生地巾を均等にする準備をします。

解いた着物は 順につなぎ合わせ 元の反物の様に一続きにします。

この時点で ドレスにする場合どこの着物地をどこに使用するか先に決めておきます。

ゆのしをする効果は 1、着物の縫目を消す 2、生地巾が均等になる 3、生地の表面が滑らかになる

このような生地の下準備をしてドレスへ リメイクをします。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/