ウエディングドレス 気になる胸まわをフィットする簡単なお直しです。

600topu

ウエディングドレス 胸まわをフィットする簡単なお直し方法 アンダーに土台布をプラスしてみます。

装飾品が付いて 出来上がったドレスのお直しは大変時間と労力がかかります。

そこで一番簡単で 本体のドレスにあまり影響のない方法のお直しを紹介します。

基本のデザイン、シルエットで サイズあわせのグレーディングのみで作り上げたドレスは細部に関しては着る人にフィットしない場合もでてきます。

特にベアトップ(ストラップレス)の肩部分がないドレスの場合に多く見受けられます。

写真のような装飾品が多く付いたドレスの胸の谷間がフィットしない場合に

アンダーとして土台布を中に組め込みその土台布を下着に付ける(谷間を埋める方法)そこに細かなレースや造花などの装飾品を埋める方法が一番簡単に胸まわりをフィツトさせる方法だと思っています

バストの谷間を埋める方法です。

ご本人にとって 胸の谷間の浮分が落ち着かなく 不安な披露宴を迎えそうで ブルーな気持ちになっていらっしゃいます。

土台布に装飾品を付ければ安心が得られると思い作業をしてみます。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

ウエデイングドレスのお直し ベアトップのドレスは胸に添わないと不安ですね。

ウエデイングドレスのお直し ベアトップのドレスはピッタリ胸に添わないと不安です。
胸元が着る人に合っていないと全体を締めても胸の谷間は浮きますので胸の谷間のお直すをする必要があります。

ウエデイングドレスのお直しをしてほしいと依頼を受けました。

他所でオーダーをされたウエデイングドレスですが ベアトップタイプ(ストラップレスドレス)は 肩部分がない為 胸のピッタリ感が体に添って全体のドレスを保っていますので 一番重要な箇所として仕上げなければならない処です。

仮縫いの時点で 一番に身頃が着る人に合っているかを見つけなければなりません。

お尋ねしますと ドレスの試着はしましたが 本体のドレスの仮縫いはしていない とのようでした。

「お直しの件、オーダーされたお店にお知らせなさいましましたか?」

「直してほしいと要望しましたが 浮いている部分を下着に止めれば大丈夫です 作っているのは他所なのでそれ以上の直しは出来ません と言われています が 気になって不安なので 美露土さんでお直し出来るかと持ち込みました」

と 美露土でお直しを受けました。

想像ですが 作り手側の仕立て方は 基本のパターンがあり ドレスの試着で着あわせてサイズの近い物で作って仕上げる方法で

体系などの違いは後ろの編み上げヒモで調整して着る方法の様です。

着るお客様のバスト位置やバストの高さ 今回のお直しの様に胸の谷間が体に添ってないカーブの調整は 基本形のパターンでは細部の調整は出来ないのでしょうね。

ここまで仕上がったドレス(装飾品がいっぱい付いています)の直しは大変難しいのです。

それで 一番お直しの少ない方法を考えると 谷間を埋める事と考えています。

胸の土台布を内側に付ける方法が一番早く、簡単の様に思えます。

ドレスの縫目(脇、胸カーブ線)を触っても一番気になる 胸の谷間は トワール〈仮縫い)の段階で修正をしていないとズート最後まで添わないドレスになってしまっていますね。

仮縫いを省略すると安価ではありますが このような不安の要素もありますね。

受けたお直しは きちんと安心していただける様に お直しをいたします。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスのお直しお願いしたいが、お直しの料金って不安で心配ですよね。

「ドレスのお直し出来ますか?他所のお店で買ったドレスですが?」 との問い合わせに 「出来ますよ」 とお答えしています。

洋服のお直し屋さんは いろいろ多くありますが ドレスのお直しを出来るところはなかなかありません。

それは ドレスを作れないと直し方が解らないほど お直しの分野が多いからです(ウエディングドレスなど)

スリップドレスなど スレンダータイプの物は重ね生地も少なく お直しは簡単です。

生地の始末や ドレス本体のバランス、着る人のサイズに合わせてのお直し、装飾品の始末など ドレスのデザイン、装飾の多さとドレスは生地を何枚も重ねて作っていますので 手間と技術がかかるお直しとなってしまいます。

「ドレスの丈が長いので お直ししてください いくらかかりますか?」 と一般の方はお直し料金が一番きになりますので 真っ先にお聞きしたい事と思いますが ドレスのスカート部分は 2枚~5枚とボリュウムやデザインの為生地を色々重ねています。それで即答は出来ずに

「 一度拝見させてください」 と申しますと (ああ、だめなんだ きっと高い料金なんだろう) と落胆のお声がします がご安心下さい。

近隣であれば すぐ拝見させて頂きこれ位ですと お答えしています。

遠方からのお問い合わせでは 着用されている写真や ドレス全体の写真を添付頂き だいたいの料金をお答えしています。

それでも目安になる基本型の料金表は必要ですね。 スリムタイプ、トレーンあり、ボリュムタップ などのこの表は急いで作ります。

ウエディングドレスも 演奏用ドレスも 会場やステーに映えるドレスにはトレーンの長さもあり お直しとして見た目のバランスもあり その会場の様子もお聞きしています。

※今まで 他所でお買い上げ頂いたドレスのお直しで 気づいた事は

1、ネットやカタログでお買い上げになっているいる事

2、試着なしでサイズのみの表示でお買い上げになっている事

3、通常の洋服感覚でお買いになっている ドレスはピッタリサイズが大事です。 これが一番のお直しのネックになります。

4、ドレスはピッタリ密着したサイズ(ヌードサイズ)でお選びくださいませ。

特にベアトップタイプのドレスは 着る人の胸まわりがピッタリ添っていないと綺麗なドレスにはみえませんね。

ここの箇所が表示サイズでは確認できないところで(それぞれの体系があり)試着する大事な点になります。

ドレスのお直しは その着る人に一番似合う状態に直させて頂気乍ら

お直し料金は手間を少ない目にするように心得てお直しをさせて頂いています。

ご質問などありましたら いつでもお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

ピアノ演奏用のブラウス 脇のプリーツの裾広がりは スカートとの見た目のバランスを良くする為です

500-burausu

ピアノ演奏用のブラウス 脇のプリーツは広がりを入れ優雅な雰囲気を漂わせます。

夏の演奏用のドレスは ブラウトとスカートの組み合わせタイプも軽やかさと爽やかさが有り素敵ですね。

ピアノ演奏用のブラウスの制作の様子をご紹介します。

ピアノ演奏をする時は座った右側が お客様からの視線があり ブラウスの裾は左右対象ではなく 右側を優雅に広がる様に長めに作ります。

ブラウスの裾を広がるようにするのは 座ってた時のピアノ演奏スタイルがボトム(スカート、パンツ)とのバランスが良い事とと ドレスのような優雅な雰囲気を演出できることですね。

それよりも 演奏者が体を締めずに安心して演奏できる処が一番です。

ブラウスの様な軽い物も 仮縫いを入れ その着る人の一番似合う裾のバランスを確認します。

夏のコンサートや野外コンサートなどでは 軽く、見た目も涼しさのあるデザインや素材

ブラウスとロングスカートなど 組み合わせのある演奏用ドレスもお薦めですね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

夏の野外コンサートに友禅柄入り黒ワンピースは如何でしょうか?

DSCF1928

夏の野外コンサートに軽くてシワになりにくい友禅柄入り黒ワンピースは如何でしょうか?演奏用にもパーティー用にもご利用頂けます。

黒の加工入りジョーゼットのワンピースドレス 体を締め付けないストーントした綺語ことの爽やかなドレスです。

えりぐりの手描き友禅柄だけがドレスのポイントになります。 柄部分にキルテング加工を入れボリュームを出しています。

後ろ襟ぐり 後ろスタイルになります。

友禅柄のモチーフは イソップ物語の「北風と太陽」を図柄にしました。

えりぐりのパターンが出来てから カーブに添った絵柄を友禅で染めています。

襟ぐりの落ち着きとしっかり感を出すのに 図柄をキルテングで刺しえりぐりのみで支えるドレスに仕上げています。

前えりぐりの図柄 太陽の様子

後ろ襟ぐりの図柄 北風の様子

このようなオリジナルの図柄がワンポイントになってお洒落な雰囲気を演出します。

涼しく 爽やかな野外演奏や 夏の軽いコンサートなどにお召し頂くと 好感がもてますね。

7号~11号のフリーサイズになっています。 ドレス丈は110cmです。

友禅柄部分はシルク100% ドレス本体ポリエステル100%

こちらからお求めになれます。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/