ドレスに少しアレンジを加えてより細く見える様に女心をアップさせます。

450-usiro

ドレスを色々と大変なお直しをしなくても 少しアレンジを加える事でより細く見える様になれば
女心はわくわくと うれしくなりますね。

ドレスのお直しを頂いた時点で 「どこをお直ししましょうか?」と言ってしまうほど ピッタリと体に添っていました。

ただご本人様のお気持ちが 「細く見える様に、何とか工夫をしてください」 と 女としての強い願望をお持ちでした。

オペラの発表会で 隣の方よりも素敵に見せたいお気持ちが強く

それでは 私も負けられませんご協力させて頂く事にして ドレス本体を触らずに細く見せる工夫をしました。

初めは 斜めのウエスト位置を装飾品で作り Aラインのドレスに切り替え風に作ってみました。

幾らかは全体が細く見える様になったのですが ご本人様は より細く見える様にそしてステージ映えがするように がご希望で

では 「裾広がりのあるオーガンジーのトレーンを付けましょうか?前部分は細く 後ろにボリュームを持たせれば ウエストが協調されますよ」

と 取り外し可能な トレーンを作って付けてみました。

立姿のオペラの発表会 後ろになびくトレーンの端を持っての演技力と素晴らしい歌唱力で 大変素敵で見ごたえのあるステージでした。

ご本人様のお仲間からも大変な好評を頂かれ 「細く素敵に見えて大満足でした」 とお言葉をいただきました。

お客様のお気持ちに添った物作りを続けた行きたいものです。

ドレスのお直しなど ご質問がありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスに付けるリボン、コサージュなどのスナップは生地でくるむと 見た目にきれいですね。

ドレスの装飾品で取り外して可能のコサージュやリボンを作る場合 スナップボタンを付けますがスナップを生地でくるんで仕上げると目立たなく綺麗な仕上がりになります。

スナップボタンを生地でくるむやり方は スナップが表に出る場合の時にこのようなくるみ方をします。

ドレス本体にリボンやコサージュ そしてオーバースカートなど 別の部品を取り外し可能な時にくるみスナップをつけておけば
外した時に目立たなく、見た目に良いようです。

特に外した時に目立つ位置であらば ドレスの本体の生地でくるみスナップにする場合もあります。

一般には裏地の生地で作る場合が多いです。

ポイントは 大きなスナップ数個より 小ぶりを多めに付ける方が 付けた装飾品の印象がよくなりますね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

演奏会などのオーガンジードレス 透ける素材の生地端の始末はかがりミシンで仕上げます。

オーガンジー素材やジョーゼット素材 ドレスには多く使用されていますが 透明性と軽さからドレス端、生地の端始末はかがりロック始末が一番きれいになります。

オーガンジーのドレスの丈などは 着る人に合わせて丈調整をしますので 全体が仕上がってから、ドレス丈の仕上がりのかがりをします。

フリルや装飾としてドレスに組み込んでしまうものは 先にパーツを作り生地の端の仕上がりも終えます。

今回はトレーンを装飾年てプラスしますので オーガンジー生地の端始末は先に仕上げます。

オーガンジー、ジョーゼットなど透ける素材の生地の仕上げは 端かがり か三巻仕上げが良く 生地が見えるのでヘム(折り上がる)仕上げはきれいではありませんね。

ロックミシンをメモリを一番細かく細くすると かがり目になりますので ご自身でなさる時はミシンの調整をし挑戦してみてくださいね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスの華やかさには ビーズ、スパンコールで華やかさをプラスします。

ドレス生地に光沢があっても ステージに立つ演奏用のドレスの場合はスパンコール などが散りばめてあるとライトに映え 華やかさが増しますね。

演奏会などにお召しになるドレスと パーティー用にお召しになるドレスでは 華やかさの演出が違いますね。

今回 装飾のビーズやスパンコールを追加しているのは ご希望があっての事です。

以前にオーダーを頂いた時は オペラの発表会ドレスで 又パーティーなどにもお召しになる予定だったので キラキラが少な目の襟ぐりだけに飛ばしました。 動きのあるショールも共でお作りしましたので パーティードレスとして品よくまとめました。

今回はオペラの発表会が二回目となると もう少し華やかさが欲しいと ウエウスト切り替え位置を作り そこにスパンコール、ビーズを追加しました。

ステージが慣れて来ますと ステージ映えもお解りになり より華やかにと目が肥えてきます。

ウエスト部分に華やかさをプラスする事は 遠目に見るとロングドレスの場合はウエスト部分が細く見えるような 効果もあります。

ポイント としてシンプルなドレスやスレンダーなドレスはウエスト位置にデザイン的な切り替えを入れると ウエスト部分が幾らか細く見えます。

これはミセスの方々には 良いアドバイスになります。

お試し下さいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

ドレス姿をよリ、はっきり細く見せたい 強い願望を叶えましょう。

600-top

ウエストラインを作りドレス姿を細く見せるお直しですが より細く見せるには 裾部分をひろげる方法にしました。

斜めウエストラインに ウエスト切り替え風にブレードを置き 見た目の細さを出してみましたが

よりはっきりした細いウエストラインをご希望で ウエスト切り替え部分に裾広がりのオーガンジーのトレーンを

取り外し可能の形にして 付ける事にしました。

ここまですれば 誰の目にもウエストの細さが見分けられ ステージに立つドレスとして納得いただきました。

ミセスの方々には Aラインよりも 切り替え線などで細く見せる 左右アンバランスのデザイン線が重宝するとわかりました。

出来上がっている物には長めのショールや、オーバースカートなどの付属品があると安心してステージに出る事が出来ますね。

安心して ステージに立てることが コンサートの成功への道しるべですね。