「ドレス姿を細く見せたい」お客様のご要望にお答えします。

DSC01558-500

オペラの発表会「ドレス姿を細く見せたい」お客様のご要望に色々提案策を考えています。

「オーダーで作ってもらったドレス オペラの発表会があります ステージに出ますので 細く見える様にお直しをしてください」

ドレスがどのように、ゆるみが出たのだろうと 心配しましたが

サイズ、ドレスの着心地の悪さなどはなく ただ細く見せたい の願望のお直しでした。

何処を直そうかと 直すところはない 一番簡単に細く見せるのは ドレスにウエスト切り替えを作る事ではないかと

ドレス本体をどこも触らずに 切り替えラインを斜めシャープにしてブレードの装飾品を付けてみる事にしました。

この切り替えラインをご本人に合うかは 仮縫いを通して位置を決めてみます。

装飾品を付けて 細く見えれば合格ですね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

オーダーの製品は仮縫いをして、パターンの修正をしてから本仮縫いの準備をします。

DSC01585

オーダーを頂いた製品は必ず仮縫いを入れます。デザイン、素材により サイズだけからの仕上げでは体にフィットしない場合がありますので。

演奏用のドレスは演奏する楽器や演奏する人の姿勢や動きがありますので
ドレスを作り時には必ず仮縫いを入れる事が大事になります。

演奏時に必要な動きの分量、着心地の良さは着ている本人にしかわかりませんので
仮縫いの時にここのゆとり分を 見つける事が大事になります。

既製品では9号で大丈夫だから と基準のサイズは、メーカー、素材、デザインにより統一していませんのであてになりません。

ですから 余裕分のあるブラウスでも 演奏時にご使用の場合は必ず仮縫いを入れています。

特に演奏時の動き分は重要なので  仮縫いの大切さを知って頂けると嬉しいですね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

ドレスのお直し 身頃の巾を出す方法 縫目の縫い代から出し分を均等に振り分けます。

きつくなったドレスのお直し 身頃の巾を出す方法は、縫い代の縫目から均等に出します。
特に演奏用のドレスは演奏する為のゆとり分が必要ですね。

サイズがきつくなったドレス お直しで、巾出しをすれば まだまだお召しになれますね。

身頃の身巾出しは 縫目、縫目の縫い代を均等にして巾出しをします。

サイズを大きくするお直しは 身頃の丈、厚み分もあり 総ての位置でサイズアップになりますが、 お直しのポイントは なるべく手間をかけないで巾出しをするように工夫します(直す箇所が多ければ それだけ料金もアップしますので)

既製品のドレスは見た目の華やかな物も多くあります デザインの華やかさに捕らわれているとサイズ直しで困難な場合もありますので注意をしてください。

サイズの身巾出しのお直し方法は 身巾だけではなく、バスト、ウエスト、肩 まで影響しますので グレーデイングする方法で全体を少しづつ出すのが理想です。

しかし 最短、低料金のお直しが、お客様にとってはうれしいので 最短のお直し方法を動画にて説明をさせて頂きました。

注意点 ドレスのデザイン、素材によってもお直しの方法が違いますので ご質問がありましたらいつでもお問い合わせくださいませ。

このような方法でドレスのお直しをしています。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

ドレスがきつく 演奏しづらい お直しで身巾出し出来ますか?

ドレスがきつくてピアノ演奏がしづらい どれ位身巾出しできますか? また、どれ位不足分かよく解らないのですが?

「以前に買ったドレス サイズが合わなくなって 巾出しをしてほしいのですが
3cm なのか4cmなのか どれ位不足なのかよく解らないのですが お直しできますか?」

このような お問い合わせに 動画で説明をいたしました。

既製品のドレスを買って お店ではサイズもピッタリで良かったのですが
家で演奏をしてみると どこかがきつく、腕が動きにくかったり、演奏がしにくい事はなかったでしょうか?

一般的なパーティードレスやブライダル用のドレスなどはサイズがピッタリ合っていれば良いのですが

演奏会、発表会の為のドレスは
立ち姿で良いサイズに、ゆとり分(演奏の動き分)が必要になります。

演奏中の動き分は ドレスを着て演奏をしてみないと中々解りにくいゆとり分になります。

お店で試着される場合は 座ったり 演奏の動きをまねてゆとり分のあるドレスをお買い求めになると良いと思います。

すでにお買いになったドレスや 以前からお持ちのドレスが、きつくなってしまった場合の

サイズ出しの方法や 縫目に均等に振り分けてサイズのお直しをする方法を動画にしてみました

ドレスの直し側からの説明なので 解りにくい様に思われた方は いつでもお問い合わせくださいませ。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

同じデザインでも 素材によりパターンを作り変えます。

同じデザインでも、素材によりパターンを作り変えます。
身頃部分は生地の余裕分を加えればい良いのですが ペプラムのような動きのあるパーツは 素材によってパターンを作り変えをします。

デザインが同じでも 素材の質感や生地の流れ方によって パターンはその度に作り変えをしなければなりません。

ここではブラウスのペプラムの部分の話になりますが
ペプラムはブラウスの下の動きのある部分でアンダーのスカートやパンツとのつなぎの大事な役割をしています。

ブラウスとスカートのツーウェータイプのドレスは前かがみの演奏などには 演奏しやすく、とても重宝するドレスになります。

そんなツーウェードレスをワンピースドレスにも見えるための要素がペプラムの装飾部分になります。

柔らかい素材は それなりの優雅な雰囲気が出ますが ハードな素材は 流れるようなラインは必要なく パターンもその度にシルエットに合ったパターンに作り変えをします。

ボディーに合わせて そのフィット感を見つけながらのパターン作成になります。