加賀友禅(伝統工芸)をドレスに入れてみました。

加賀友禅(伝統工芸)をドレスに入れてみました。お好きな絵を友禅作家さんに、描いてもらえます。
こだわりの 一点物ドレスは如何ですか?

石川の伝統工芸品をドレスにはめ オリジナルドレスを作ってみました。

手描きの友禅は絹地にしか描けないので 前身頃のパーツにはめてみました。

ドレス全体の、ダークグリーンのサテン地に合わせた絵柄、色は友禅作家さんにお任せしました。

こだわりのドレスをご希望の方は このようなパーツに友禅柄をはめ込む方法はいかがでしょうか?

ドレスに限らず ジャケットのパーツにはめ込む事も可能です。

こだわりの一点物は思い入れがありますね。

色々 お気軽にお尋ねくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスを年齢に合わせてお直しすると まだまだお召しになれますよ。

800-doresuminij

ドレスを年齢に合わせてお直しすると まだまだお召しになれますよ ドレスは高価なものなので サイズ直しや、少しのアレンジで また、演奏会に望んでくださいね。

演奏会や、発表会などでドレスをお求めになって、しばらく時間を置くとサイズが合わなかったり、ちょっと古さを感じたり 色々何かと不都合が出たりしますが ちょっとのお直しやアレンジでまだまだ十分お召しになる事が可能で、演奏会に出演出来ますよ。

お持ちのドレスをもう一度 見直しをしませんか? えりぐりのお直しを動画にしました。

ドレスのお直しは スカート部分よりも 身頃の直しが重要になりますので 身頃のサイズを直すと同時に、えりぐり、袖ぐりをお直しします。

身巾が多く不足していても デザインを少し変える(アレンジ)マチ部分をはめ込んだりしますので お直しをお薦めいたします。

年齢に合わせてのドレスのお直しは スカート部分のボリュームの多さも控えめにする必要もありますね。

演奏会、発表会の度に買い替える事は大変です まだまだドレスはお召しになれますよ。

なにか お悩みがありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

野外コンサートや駅コンなどの演奏会に向く軽いドレスは如何でしょう!

野外コンサートや駅コンなどの演奏会に向く、フレアー付の軽いドレスは如何でしょうか 季節の良い時の爽やかな印象のドレスです。
高校生から大学生の方々にお薦めです。

ミニ丈のスリップドレスに ショールのようなオーバーフレアースカートが付いたドレスです。

爽やかで軽い印象のドレスです。

立姿で演奏する ヴィオリン演奏や フルート演奏など 季節の良い時の野外コンサートなどに向いています。

本体はタイトのミニドレスになっていて 12枚のフレアーが風になびき 素敵な印象をあたえます。

室内で映える大きなドレスと違い 軽く、爽やかなドレスは 歩く様子もすてきに映え 若い方々にお薦めです。

「急に玄関ホールで演奏してください」 と言われてすぐスタンバイ出来るドレスは なかなか良いですよね。

そんな時、重宝します。

サンプルとして作りました 現品の販売になります。 良かったら覗いてくださいね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

演奏用のドレスを選ぶポイントは えりぐり、袖ぐりに演奏する動きやすさがありますか?

演奏用のドレスを選ぶポイントは えりぐり、袖ぐりが演奏に必要な動き部分がありますか?ピアノ演奏、ヴィオリン演奏 など動きの分量は異なります。

演奏会が決まって 演目も決まって さて ドレスはどうしようか?

新しいドレスを選ぶポイント は 一番はえりぐり になります。 それは顔に近い所は100% お客様は見ています。

えりぐり部分、特に 前えりぐりは胸の高さ、肩の広がりなど 人それぞれのバランスがあります。

この、前えりぐりが着る人にピッタリ添っていると それだけでドレスは8割完成しています。
この部分の ピッタリ感が 安心して演奏に集中出来できる事になります。
特に お辞儀をしても胸の谷間は気にならず どんな動きでも変わらないピッタリ合ったえりぐりは、見た目にもたいへん綺麗にみえますね。
その綺麗な様子が安心のある演奏へとつながって行きます。

安心感のあるドレスは 良い演奏に必ずなりますね。

特にコンクールではこのような安心感は 一番大事です。

次に 腕の動きが演奏するためのに十分であるかどうか!

そして 注意を忘れてはいけないのが 後ろ(背幅)に動き部分があるかが如何かです。

ピアノ演奏は 前かがみになっていますので 背幅のゆとり分はご自分でしかかわりませんので必ず確かめてくださいね。

ドレスのデザインや色に捕らわれていると 大事な演奏のための動き分を見落としがちになりますので注意が必要ですね。

既製品をお買い求めの時は 試着をして色々の動きのポーズをして 立って、座って確認をなさってくださいね。

※ 前えりぐりの浮分だけは お直しをしてでも ピッタリ自分のえりぐりに合うドレスをお召しくださいね。

  ドレスの着慣れ ポイントはこのえりぐり部分になります。

何かご質問があれば お気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

演奏する人にとっては必要な黒のドレス 現品の一着販売になります。

演奏する人にとっては 必需品の黒のドレス 在庫の生地がなくなり、今回はサンプル製品現品の一着販売になります。

黒ドレスの身頃は ストレッチ性のレースを使用 スカートはジョーゼットを使用しています。
全体に生地は柔らかく シワになりにくいので、小さくまとめて会場へ持ちこむことが出来ます。

身頃のレースの仕立て方は ソフト感と、ややストレッチ性を出す為にえりぐり、袖ぐりはテープ始末にして見返し部分がなく
演奏する人にとって、触りや気になる部分がない、体に添うよう、柔らかい仕上げにしています。

黒の色は生地、染料により 黒さが色々ありますが
この商品は 漆黒の黒色で ジョーゼットは一番黒いフォーマル用の黒を使用しています。
身頃のレースの色も 漆黒色に合わせています。

大勢の演奏者で演奏する時、黒の色の違いは一目瞭然でわかりますね。 黒の中でも一番綺麗な色は 漆黒の黒です。

中々綺麗な黒には出会えません この機会にいかがでしょうか?

現品ドレスは 11号で、170c位の身長に仕上がっています。 丈、身巾のお直しは可能です。

こちらで販売をしています。 よかったら覗いてみてください。

 黒ドレスについて 何かご質問がありましたらお気軽におたずねくださいませ。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/