黒留袖からドレスへ このように仕上がりました

20141227_header

黒留袖からドレスへのリメイク仕上がりました。

ドレス本体には着物地の見頃部分のみ使用しています。
広がり、動きが軽やかになるように脇部分に黒地のジョーゼット生地を挟んでいます。

また、着物のおくみ部分をドレスに使用しないで、別ショールを作りました。
トップ部分は黒一色なので柄のショールを羽織ると、より華やかさが増すようになります。

後ろスタイルは、このようになります。
梅柄の部分にスパンコールとビーズを飛ばし、動きの中でより華やかさを出しています。

ショールはおくみを利用して、本体のドレスと同じように柄部分にはオーガンジーを重ねています。
レースの縁取りで全体が締まった印象になります。

ショールは着物柄を利用しており、動きのあるショールは柄も動きより華やかさが増しますので、パーティー会場では大変映える装いになりますね。

着物柄は色柄が強いのでオーガンジーで少し柔らかな印象に

20141216_header

着物柄をドレスに生かす場合、
オーガンジーにより柔らかな柄ゆきにします。

着物柄、特に黒留袖は全体が黒なので、柄は大変豪華な柄ゆきになっています。
その着物をドレスにリメイクする際には、柄が立派過ぎて全体の調和が取れない場合もあります。

そのような柄を少しでも柔らかな印象でドレス風の光沢が出るように、柄に近い色合いのオーガンジーを重ねて違った印象になるように工夫しています。

オーガンジーは、柄がすっぽりかぶるように重ねています。
また、オーガンジーの端は、かがりミシンを固くして柄との一体感が出るように細かく本体に止めます。

オーガンジーは光沢があり、着用したドレスの動きによって光沢が現われ、着物柄とは違ったドレスらしい雰囲気に柄が変化します

黒留袖からドレスへ 家紋をそっと残します

20141210_header

黒留袖からドレスへリメイクする場合、家紋を残します。

留袖はフォーマルな着物で、実家や嫁ぎ先の五つ紋や三つ紋を着物に取り入れたものです。
その家の紋をご自分の着物に入れ、娘や孫娘へと譲られて家を大事にする公家の風習が一般化されたようです。

ご自身の着物をリメイクされる場合は、家紋も大事と考え、目立たない位置に紋を置くようにしています。
(*もちろん、ご希望されない場合は紋は外します)

着物の袖部分がちょうどドレスの袖として生かせるので、袖紋を利用します。
紋の位置確認なども注意しながら、仮縫いしていきます。

後ろ袖のひじから下あたりに配置しています。

家紋をタック等の中に入れ目立たなくする場合もありますが、今回は袖口がフレアー状態なので、写真のように出しています。
着物からドレスへのリメイクの場合は、紋が全面に出るとイメージが壊れますので、目立たない位置に紋を置いています。

ご自分の着物をリメイクしたという充足感をご提供できれば…という想いでお作りしています。

ドレスのシルエット確認は仮縫いを何度も繰り返し煮詰めます

20141203_header

ドレスのシルエット確認は仮縫いを通して決めます。

ドレスの制作に入る前の準備

ドレスの試着から、またデザイン画でお好みのデザインのシルエットをひとまず決めさせて頂きますが、自分に合う仮縫いを通さないと、「ご自分が一番似合うシルエット」は分かりませんね。

サンプル用のドレスなどから「こういう感じのドレス」と思われても、それでは十分ではありません。
実際に仮縫いしたドレスを試着して、初めてご自分に似合うシルエットが自然に決まってきます。

特に遠方の方の場合は、お似合いになるシルエットを見つけるために仮縫いを何度も繰り返し行っています。

一回目の仮縫い

一回目の仮縫いでは、デザイン画に沿ったシルエットで仮縫いをします。

この仮縫いから、ご自分の似合うラインを見つけていただいています。

お近くの方の場合は、直接ピン打ちをして、ご一緒に似合うラインを見つけます。
遠方の方の場合は、試着をいただいた写真やお電話でのやり取りからシルエットラインを見つけています。

一回目仮縫いでお客様から「ネックラインはピッタリですが、ラグラン袖が似合わない様です」と連絡を頂き、二回目の仮縫いで、袖付け辺りをすっきりさせました。

二回目の仮縫い

今回のお客様は細い方なので、ゆったりした感じのドレスでは、かえって借り物の様になってしまいます。

お顔の辺りは、お召しになるご本人の雰囲気が一番大事な所になりますので、この部分の仮縫いは慎重に慎重を重ね、何回も丁寧に仮縫いしていきます。

仮縫い状態のドレスは、直しを必要としない所以外、手縫いになっています。
手縫いなので生地にも無理がかからず、一番似合うシルエットを必ず見つかります。

ドレス美露土では、このようにドレス製作のご提案をさせていただいております。