演奏用のオーダードレスは、ドレス生地の色付けからもオーダー可能です

演奏用のドレスは、お好みの色付けからもオーダー可能です。

演奏用ドレスに向く素材や色は、一般的に若い人達にターゲットが集中し、先生クラスやご年配の方々に向く素材や色はなかなか探すのが難しい状態です。
また、ピアノ演奏者のソロとしての演奏用ドレスがあっても、ピアノ伴奏者向きのドレスはなかなか探すのが難しいのも現状です。

ドレス美露土では、ドレス一着分の染め付けからもオーダーができます。

写真はチャコール系のパープル色に染めたドレス生地です。

こちらが本来の生地の色
ダーク系のうぐいす色(市販されている色)です。

こだわりのドレスをご希望の方には、このような一点物の色付けも可能です。
ピアノ伴奏用のドレスはソリストより目立ってもいけませんし、オーケストラの白黒のようなユニホームになってもいけませんので、意外と生地の色探しにはご苦労が多い事と思います。

今回は、ドレスの着分染めを提案してみました。
染め代が少々プラスになりますが(¥10,000〜20,000程プラス)、お好みの色のドレスが誕生します。

ピアノの先生方やこだわりの演奏者の皆様、オリジナルの色指定はいかがでしょうか?