お客様から嬉しいお言葉が届きました。

お客様から嬉しいお言葉とお写真が届きました。

今回の黒ドレス。
先生から、上品で華があると 絶賛されました!(私も そう思います!)
ピアノも黒で、ドレスも黒。でも 大丈夫なのです。
照明効果で 身頃・黒スパン部・オーガンジーのスカート部 それぞれ違う”黒”なんです。
スカート部分は 濃い茶色にも見えたような。
三段階の黒、このリズム感が絶妙でした!
ウエストと裾のスパンコールが 動きに合わせて キラキラして
本当に綺麗でした。
ジュニアの黒、上品で絶対に素敵です…!

絶妙なコメントと感動のお言葉を頂き、大変嬉しく思います。ありがとうございました!
ジュニドレスの黒の良さをご理解いただけ、感謝感謝です。ご本人のSちゃん、いよいよ本選に進まれるようです。安心して臨めるコンクールに一緒に参加でき、嬉しく思います。

 

〜製作の様子をご紹介いたします〜

「8月のコンクールなんですが、今からオーダー出来ますか?」とのご連絡が入ったのが、コンクール3週間前の事でした。

「すぐ準備にかかれば大丈夫ですよ」と応え、
続けて、「まず試着用ドレスをお送りいたしますので、試着をして頂いてピアノ演奏をなさって下さい。演奏用ドレスは、通常のサイズだけではいろいろ不都合な点などが発生しますので、演奏は一曲を通してご確認ください」とお伝えいたしました。

その後のやりとりの様子です。

お客様:「(送ってもらったドレスですが)通常に立ってる場合は支障がないのですが、演奏すると袖ぐりがきついと言っています」

美露土:「そのきつさはどの程度でしょうか? 試着用ドレスのサイズを基準にお嬢様に合うサイズでドレス制作をいたします 。もう一度お嬢様のドレスを本仮縫い(仕上げの一歩手前の状態)でお送りしますので、きつさを感じない寸法をお知らせください。」

上の写真はドレスの本仮縫い状態です。
仕上がり状態に見えますがウエスト・脇・袖・裾は、まだしつけ状態です。ご注文のお嬢様のサイズになっています。その後、演奏着に最適な微調整する上で、もう一度ご試着が必要なためお送りしました。

上の写真は仕上がり納品時のドレスです。
ふくらみを出すパニエは用途に合わせ、別パニエをご注文いただきました。

 

「ジュニアドレスにオーダーって、贅沢では?」とのお声も聞きますが、演奏用ドレスは一般のドレスと違い、演奏の姿勢や演奏楽器が異なると、市販のドレスでは不都合などが発生します。
演奏者が違和感なく演奏できるドレスが最良との思いから、このようなオーダーシステムを行っております。

今回のお客様のように美露土のオーダーシステムをご理解頂けると、大変嬉しいです。
お客様には大変感謝しております。
ご理解いただける輪が広まってくれますように!

おしゃれな黒ストラップドレスはいかがですか

大胆な黒のストラップドレスを製作中(本仮縫い状態)です。

キャミソールとロングスカートの2ウェイタイプにしています。
スカートは中肉地光沢サテン、キャミソールは同素材にシワ加工を入れた素材です。

秋から暮れに向かってのピアノ・声楽などの演奏会・ミサ曲などに大胆にお召し下さい。
ライトに映える光沢サテンがステージ上を大変華やかにします。

スカートのトレーンは長めになっています。ソリストとして出演される際、ステージの中央までの歩きも演出の内との想いもあり、長めにしています。

2ウェイタイプの利点は、演奏中にドレスが軽く上半身の動きがスムーズ、スカート部分のひっぱりがないなどの利点があります。また、洗濯が簡単なお好みのワンピースドレスの制作も可能です。

この様なおしゃれなドレスをお召しになれるのは、演奏者ならではの利点ですね。

黒ベルベットドレス 本仮縫いを途中に入れます

あらゆる縫製の中で、ベルベット縫製は最高の技術を必要とします。

ベルベットは毛足がある素材で、その毛足が漆黒の色や艶を出し、最良のフォーマル素材になります。
縫い目の毛足を潰してしまうので、縫い直しの出来ない素材です。シルエットを確認したい時などは、仮縫いを一度入れてからの仕上げが良いと思います。

縫製では、二枚の生地がズレないように、所々しつけを入れ縫います。

写真のドレスは黒のレースをはめ込んだデザインです。左裾にマチ状態にはめ込んでいます。

バックの身頃にも黒のレースをはめ込み、少し肌がのぞくようにデザインしています。

漆黒のベルベットと黒レースは相性が良く、より華やかさを演出する時などに組合わせると良いです。

黒ベルベットのドレス 裁断準備始めます

黒ドレスの究極は、やはり黒ベルベットドレスです。

これからの秋冬に向かい新作に入りました。ドレスアップまでの制作工程になります。

ドレスの各パーツを裁断した状態です。

裁断前の型紙の配置の具合です。ベルベットは毛足があり、一方方行裁断で生地に無駄が出ます。

ベルベットと合性の良いレースとの組み合わせ。デザインからスタートします。