ドレスのお直し キャミソールの場合

ドレスのお直し 胸まわりが一番ピッタリ添っている事が一番綺麗に見えます。本体のデザインを変えないお直しが良いですね。

ご本人のサイズでどれ位不足しているかを別の生地を当てて 先ずはサイズ出しを確認します。

だいたいの不足分を確認して サイズ出しの準備をしていきます。

仮縫い状態が出来たらご本人に着合わせをして頂き サイズ調整をし仕上げに入ります。

演奏用ドレスは いつもいつもお召しになるものではないので 間を置いて演奏用にご使用になる時は サイズがピッタリ合っていると嬉しいものですよね。

時間の経過でどうしてもサイズが合わない場合もあります。 そこでドレス美露土では他所でお買い上げ頂いたドレスもお直しをしています。 ドレス本体は高価なものですので いつまでもお召し頂きたいと願っています。

特殊な物以外は ほぼどのようなドレスもお直し出来ます。お気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

ドレスのお直し ニットドレスの場合

ドレスのお直し ニットドレスの場合の説明です。

既製品のドレスには サイズ対応の範囲を広くする為 最近ではニットやストレッチ素材のドレスも多く出回っています。

ニットのドレスはその人のサイズぴったりより、もっときつく締める必要がありますのでお直しする時には注意が必要になります。

素材に合わせたお直し方法が必要です。 デザイン、縫い糸、お直しのポイントを見つけてお直しをしないと本来のデザインが損なわれますので注意が必要になります。

お直しなど ご質問がありましたらお気軽にお問合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

ベアトップのドレスは胸まわりのフイット感が一番大事になります。

ここ数年 ウエデイングドレスの大半のデザインがベアトップのドレスですが 胸まわりのフイット感が着る人を一番良くも悪くもします。ドレス全体や素材より胸まわりがピッタリその人に合っているか最重要になります。

既製品も多く出回っていますが 装飾品の華やかさや素材の豪華さに惑わされずに 胸まわりがフイットしたものをお選び下さい。

今回は ご自分のサイズだけでご購入されたドレスをその着る人に合わせて 一番綺麗に見える様に胸まわりをフイットするお直しをしました。

同じサイズでも着る人の体系がそれぞれあり サイズと体系は別である事を知って頂きたいと思います。

7号~9号サイズの方のドレスですが 既製品の為バストカップが大きい物が取り付けてありました。

身長が170cm 近くの長身の方なら大きなバストと身長のバランスが取れていますが 身長が160cm以内ではバストの大きい様子はバランスが悪くきれいには見えません。

お召しになるご本人も普段と違うバストの大きさに落ち着かない様子で 楽しいウエデイングパーテーにはならないはずですね。

今回はウエディングドレスの身頃部分 特に胸まわりをフイットさせるようなお直しをいたしました。

既製品のドレスは身長170cm位まで対応出来ますので 身頃の丈も自然に長めになっています。

そして試着をして頂いき その方の一番フイットするバストのトップラインは 2cm位縫い込む必要が出てきました。

大きめのバストも分量を減らしました。

肩部分が付いたドレスの場合はまだ バストはそれほど協調されませんが ベアトップの場合のバストラインは大変注意をしてドレスを選んでいただきたいものです。

サイズと体系は全く違う事を知って頂き ドレスをご購入くださいませ。

ドレスのお直しもお受けしております ご相談などお気軽にお問合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスのお直し ドレス丈の裾位置の決め方の説明です

ドレスのお直し、ドレス丈の裾位置の決め方は床上がりで均等にします。

スレンダータイプ(タイト)のドレスは試着をしてウエストから丈をあらかじめ決め
その次に床からの床上でドレスの丈を決めます。

裾広がりの演奏会向きのドレスは後ろ部分はややトレーンを引いたシルエットが良いのですが スレンダーのタイトなドレスは左右均等の裾が綺麗になります。

デザインによって床までの丈やアンクル丈などがありますので お好みに合わせたドレス丈を決めます。

試着をした場合は身巾により生地が少し上がります。 先ずその時点でドレス丈を決めます。

次にボディーに合わせてもう一度ドレス丈の確認をしますが その時の決め位置が床上がりで決めます。

左右均等になるようにピンを打ちます。

ドレス本体がどこにも触ってない状態のストーンと落とした状態で床上がりを決めます。

お直しのドレスは 既製品で丈がとても長いのでボディーの立ち上げに苦心をしています。

ほぼ、だいたいのドレスのお直しは出来ますので いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスのお直し 難しい身巾出しに挑戦しています。

既製品のドレスのお直し(身巾出し)縫い代が少なく、困ったお直しに挑戦中!

電話での問い合わせで 「ドレスお直しできましか?丈が長いので丈直しをお願いしたいのですが」

どのような直しなのか 電話で様子を伺い では「どうぞいらしてください」 といったものの

直にドレスを観て えっ!となる驚きもいっぱいあります。

ドレスがインポート物なので 先ず直しのミシン目が違う事 生地のストレッチ性がただ短くすれば良いもので無い など説明を申し上げているが

持ち込めば直してもらえるだろうになっている お客様の心境、さて如何したものか と

先ずは試着をして頂くと またまたサイズがきつい!ボディーに合わせて2c以上は不足している感じ 生地がストレッチ性なので無理矢理すれば着れますが ダイビングウェアーを着用している様にきつく

身巾出しが出来ればお直しをしてみましょう と言った以上巾出しに挑戦するも なかなか至難の業です。

白のテープ分が不足で縫目などから振り分けて出したいのですが 直す事が前提になくて完全な仕上がり状態

頭を悩ませ デザイン線のタック分から出そうとするも タックに繋がるパーツに縫い代がない

身巾を出しても 装飾部分のリボンに縫い代が全くなく 十分な身巾が出ません。

巾出し挑戦してみます、と言ったものの 6か所触って1c位しか出ません。

今までにないお直しに挑戦しています。

最良は脇にマチ入りの接ぎ目を作る事ですが お値段がアップするので今回はしません。

縫い代を極力なくすとストレッチ性のドレスは綺麗ですが

オーダーではない場合 ワンサイズ上の物をお買い求めいただくと お直しも綺麗になりますね。