好きなドレスが 又着れるようにドレスのお直しいたします

探して、選んで買ったドレスは思い入れがあり、又着たいですよね。手早くお直しをしてまた着れたら嬉しいですよね 次の演奏会までにご準備なさいませんか?
お直しのお手伝いいたしますよ。

ドレスは体にピタット密着していて綺麗にみえます。 そのためには身頃、胸周り辺りのきつさや、ぶかつきは醜いものですね。

ドレスの丈や裾巾の広がりに多少のお直しが必要でもそれほど見た目には気にならないものですが 身頃がピタットからだに添っていないと演奏会などでは お客様がその身頃辺りに目が行き、気にしてゆったり演奏を楽しむ事が出来ません。

演奏会にドレスを着用してステージに立つ場合は
ご自分の都合で ドレス直しをたいけど今回は我慢する は禁物です。
なぜってお客様に聴いて頂く、見て頂くものですから。

お直ししたいドレスをお持ちなら ドレスの一番目につく身頃、胸周りだけはピッタリ合うようにお直しする事をお薦めします。

動画でも説明していますが ドレスを試着をして 必要なサイズがどれだけかを確認します。

2c位でしょうか とか 3c位でしょうか のような空想の数字は試着すると必ず足りないはずですので 試着をして不足サイズをお出しください。

そして演奏する楽器や演奏者の体の動きなどは人それぞれですので 演奏する時の動き余裕分も必要になります。

ピアノ演奏やヴィオリン演奏で体の動きは違いますので 演奏しやすい分量がドレスには必要になります。

身頃がすっきり見えればそれだけで もう安心して演奏会にのぞめますし お客様もリラックスしてお聴きいただけます。

大きなお直しや リメイクはちょっと時間がかかりますが とりあえず身頃のピッタ感のお直しは短時間でお直し出来ますので

お悩みの方は お気軽にお問合せくださいませ。

ご連絡をいただければ試着をして仮縫いをする 方法の手順をご連絡させて頂きます。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

 

スカートのお直し ベルトの長さをプラスする場合

スカートのお直し ベルトの長さをプラスする簡単なお直し方法

スカートのウエスト出しのお直しで 時間が経つとウエストがきつく着ずらくなっていませんか?

簡単なお直し方法をお知らせします。

ギャザー入りのロングスカート ウエストが3c位不足していたので共生地(生地が残っていたので)ベルト先に生地をプラスして

不足分を出しました。  ←の部分が生地の接ぎ目になります。

スカートのウエストギャザーの部分を3c広げて出す方法ですが 後ろ中心から左右が均等に成るように ギャザー分を出します。

その為に後ろ部分のベルトは一度外してから 付け直す方法にしないと ギャザーが偏ります。

少しのお直しで またお召しになって演奏会、発表会に参加されると ドレスへの愛着も沸き ドレスも喜びますね。

お直しに関して どのような事でもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

ドレスをお直しして、安心してまた演奏会に出ませんか?

ドレスのお直し出来ますよ。演奏用のドレスは高額なものです、次回までにサイズが変わる場合もあります。お直しをして体にフットすると動きがスムーズになり安心して演奏会に望め、実力が発揮できます。お直しお薦めですね。

ドレスのお直しは、その着る人のサイズ変更やデザイン変更 そしてドレス本体の作り方(デザイン性)によって違ってきます。

今、お持ちのドレスをどのようにしたいのか?から お尋ねしています。 ドレスをお召しになっての写真を お送り頂ければ お直しの箇所やお値段のおおよそがお答えできます。

全体のお直し代がお高くお感じになられた場合は とりあえず一番に直す箇所だけでも、など、ご希望に添うようなお直しもご提示しています。

参考例になります。

ピアノ演奏用のキャミソールタイプの上下のドレスのお直しになります。

仮縫いを入れて着る人の体系に添ってお直しをします。
写真はまだお直し途中の様子です。

元のドレスは背開きファスナーでピッタリでしたが ご出産後「バストサイズだけが困っています この先もバストサイズの変化が大幅にあると思うので その都度、調整出来る様にしてほしいのですが」

とのご要望でした。

1、背当て部分を別に作りました(スカート丈調整から生地が残っていましたので その生地を使用しています)
無い場合似た生地や装飾的に別生地を当てることも可能です。

2、ファスナーの向い側を別の当て生地に付けます。

3、ループを付け グログランテープで身頃を締め、調整出来る様につくりました。

4、背当て生地の端はスナップ止めになっていますので この先のサイズ変化があれば片側のスナップを付け替えれば良いだけです。
それも面倒な場合は テープヒモでギュッと締るだけでもOKになっています。

5、ドレスのお直しは身頃、バスト辺りを綺麗にお直しをすればほぼ 堂々とお召しになれますので ドレスをしまい込まないでまたお召しくださいませ。

この後ろ部分のお直しは 後ろの当て布 ファスナー変え、ループ、中に取りついているボーンの付け替えな 肩紐の位置変えなどで
20.000円位になります。

ロングドレスの後ろ調整もほぼ同じくらいのお値段になります。 特殊な装飾付きは拝見させて頂いてからお値段をお知らせいたします。

※「遠方で仮縫いに行けませんが?」
近隣の方でも演奏する人は大変忙しくなさっていますので仮縫い出来る状態の物をご自宅にお送りしています。
ほぼこれ位であろう、までのお直しをした仮縫い状態も物をお送りしますので きちんとした調整はまだお直し可能です。

その仮縫後のものから 気になる処を示していただき 仕上げに入ります。 送料は別途になります。

とりあえず写真の添付から、ほぼお答えできますので 気軽にお問合せ下さいませ。

ドレスは大事に長年お召し頂きたいと思っています。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

ドレスのお直し キャミソールのサイズ対応の方法

ドレスのお直し、キャミソールの場合 その時のサイズ対応にする場合の方法

上下、別仕立てのキャミソールのお直しの方法をご提案しています。

演奏用ドレスやパーティードレスなどは次回にお召しになるまで 時間が空いたりしますね。

ドレスはフィットしてお召しになるのが一番きれいなので 次回までの間にサイズの変化があったりします。

その時はやはりお直しをして お召し頂きたいと思います。

多少のサイズ変化は 本体の縫目で巾の調整をしますが サイズが大きく変化している場合は 別布の背当てを作り飾りヒモで締めるお直しをしてみました。

演奏用ドレスでは 楽器の種類によって難しい場合も有りますが 今回はピアノを演奏される方のお直しになります。

キャミソールの場合は面積も小さく、生地の重さも気にならずお直しが出来ますが このようなサイズなおしでロングドレスの場合は内側にもうひと工夫が必要になります。(スカート部分が長く、重さも加わりますので)

お直しでご質問があれば お気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

ドレスのお直し キャミソールの場合

ドレスのお直し 胸まわりが一番ピッタリ添っている事が一番綺麗に見えます。本体のデザインを変えないお直しが良いですね。

ご本人のサイズでどれ位不足しているかを別の生地を当てて 先ずはサイズ出しを確認します。

だいたいの不足分を確認して サイズ出しの準備をしていきます。

仮縫い状態が出来たらご本人に着合わせをして頂き サイズ調整をし仕上げに入ります。

演奏用ドレスは いつもいつもお召しになるものではないので 間を置いて演奏用にご使用になる時は サイズがピッタリ合っていると嬉しいものですよね。

時間の経過でどうしてもサイズが合わない場合もあります。 そこでドレス美露土では他所でお買い上げ頂いたドレスもお直しをしています。 ドレス本体は高価なものですので いつまでもお召し頂きたいと願っています。

特殊な物以外は ほぼどのようなドレスもお直し出来ます。お気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/