オーダーのドレスをネットから注文してピッタリのドレスが出来るのですか?

オーダーするドレスをネットから注文して自分に合うピッタリのドレスが出来るのですか?
ご心配は十分解ります。 オーダーを頂いてからの制作工程を説明いたします。

発表会や演奏会用のドレスは見栄えのする色、素材、シルエットなどイメージが出来ますのでネットからの注文でもそれほど心配はありませんが

個々のデザイン、素材でのパーテードレスとなると ミセスやご年配の方々はサイズが、シルエットが どんなものが似合うのかよく解らないしサンプルのデザインなどがあれば良いのに と お問い合わせなどを頂きます。

サンプル提示も考えましたが サンプル提示の前に一工夫を入れる事にしました。

ご注文を頂いたお客様のご要望をしっかり受け止めて衿やネック回り、全体シルエットをお聞きしてデザイン画の提案を先にさせて頂いております。

制作までに時間が少々かかりますが お好みのデザイン(似合うデザインは仮縫い時で修正いたします)の雰囲気を先ず知って頂く事から始めています。

HP上では流れに添った文章なのでお解りにくい事とおもいます。

 

ドレス美露土 でのオーダーを頂き制作させて頂く流れをご説明させて頂きます。

ベルベットのドレスのご要望の場合の制作過程

1、デザイン(全体シルエット、衿ぐり、袖、裾広がり、サイズ、身長、体系、こだわり箇所(えりぐり、ウエウスト辺りに装飾が欲しいなど)ご要望をある程度お聞きいたします。

2、全体スタイルのイメージをスタイル画にして お送りします。 その時に生地のサンプルもお送りします。

3、お送りしたスタイル画から 色々ご要望の箇所を訂正してデザインを また作り込みます。

4、サイズに関してはメジャーで図っても誤差がありますので 今安心してお召しの物(ニット以外のワンピースなどをお預かりしてサイズを頂きます)
ご自身のお召し物からサイズを頂く方がゆるみ、動き分などが一番解りやすいと思っていますので 一度お預かりしてすぐお返ししております。
バスト、ウエウスト、ヒップ、背丈、身長などの寸法だけを頂いてもかまいません。

5、シルエットデザインとサイズが決まりましたら パターン作成にはいります。

6、ベルベットの場合は縫い直しが出来ませんので 仮縫いを数回いたします。(仮縫いドレスはご自宅にお送りいたします)

7、一回目の仮縫いは トワール(別生地でシルエットを起こし サイズ、シルエット、着心地のための仮縫いになりますので お送りした仮縫いドレスはご自宅で着合わせをしていただきます) この時の様子でご都合の悪い点などを修正いたしますので その着合わせの様子を写真などでお送りいただけるとたすかります。
修正が多い場合は またトワールの状態で作り直します。

8、はぼシルエット、サイズが良し となってからベルベットの生地で手縫いによる仮縫い状態にして また客様にお送りし ご自宅で着合わせのサイズ確認、仮縫いをして頂きます。 また、ご都合の悪い点などお知らせいただきます。

9、ベルベットはミシン縫いをしてからの縫い直しが出来ませんので 良しとなるまで 仮縫いをいたします。

10、シルエット、サイズ、機能性が十分となってから ドレスの縫いの工程に入ります。 ここでドレスの裾が決まらない場合も有ります(靴がまだ決まっていない時) 全体を仕上げて 床までのドレス丈か 足首丈が良いかなど靴によって決まります。

以上のような流れで 遠方の方々の仮縫いを入れてのドレス作りをしております。

お近くであればお越し頂いたり、ご自宅への訪問をさせて頂けますが わざわざ遠方からお越しいただかなくてもう良い様 こちら側が努力をしてドレス制作をいたしております。

制作期間 2ヵ月位頂いております。

まだ十分にお伝え出来ていない部分もあると思います。 お電話でのやり取りの方が制作の様子をお伝え出来るとおもいますので

ご不安やご質問など いつでもお気軽にご連絡くださいませ。

TEL  076-278-7007

ありがとうございました。

ドレス美露土   湯谷知子

ドレスに少しアレンジを加えてより細く見える様に女心をアップさせます。

450-usiro

ドレスを色々と大変なお直しをしなくても 少しアレンジを加える事でより細く見える様になれば
女心はわくわくと うれしくなりますね。

ドレスのお直しを頂いた時点で 「どこをお直ししましょうか?」と言ってしまうほど ピッタリと体に添っていました。

ただご本人様のお気持ちが 「細く見える様に、何とか工夫をしてください」 と 女としての強い願望をお持ちでした。

オペラの発表会で 隣の方よりも素敵に見せたいお気持ちが強く

それでは 私も負けられませんご協力させて頂く事にして ドレス本体を触らずに細く見せる工夫をしました。

初めは 斜めのウエスト位置を装飾品で作り Aラインのドレスに切り替え風に作ってみました。

幾らかは全体が細く見える様になったのですが ご本人様は より細く見える様にそしてステージ映えがするように がご希望で

では 「裾広がりのあるオーガンジーのトレーンを付けましょうか?前部分は細く 後ろにボリュームを持たせれば ウエストが協調されますよ」

と 取り外し可能な トレーンを作って付けてみました。

立姿のオペラの発表会 後ろになびくトレーンの端を持っての演技力と素晴らしい歌唱力で 大変素敵で見ごたえのあるステージでした。

ご本人様のお仲間からも大変な好評を頂かれ 「細く素敵に見えて大満足でした」 とお言葉をいただきました。

お客様のお気持ちに添った物作りを続けた行きたいものです。

ドレスのお直しなど ご質問がありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスのお直しをしたお客様から お礼のメールが届きました。

ドレスをお買い上げ頂き(サイズの表示が大丈夫と判断され) その後、試着するときつく感じたドレスお直しをしました。 不足分のサイズを想像で直し お客様から お礼のメールが届きました。

ドレスのサイズ直しの方法を動画で説明しています。

9サイズで着作り上げたドレスを現品でお買い上げ頂きましたが 試着してみるとたいそう きつい状態でした。

遠方なので総て電話でのでのやり取りから サイズ出しをしました。

【こんばんは。今日、ドレスが届きました。早速着てみたところ、袖ぐりはあきすぎずきつすぎず、ウエストはほどよいゆとりがあって、座って弾くのにちょうどよかったです。娘が、着心地もよくかわいい‼︎と大変喜んでおりました。ありがとうございました。】

ピアノの演奏をされる事をイメージして 座って演奏をするゆとり分を 動きの必要な部分、部分にサイズの出し分を振り分けて広げて出しています。
演奏用のドレスのサイズは立姿だけで良しとすると 演奏がきつくなりますので ゆとり分を必ず入れる様にしてくださいね。

お客様からのウエディングドレスの写真

お客様からのウエディングドレスの写真が送られてきました。

「海外挙式をするので ウエディングドレスを作って欲しい」と ご来店されたお客様

お名前が ご注文時と違っていたので どなただろうと思って ドレスの写真を拝見すると

7年前のお客様 ご本人も 「随分前ですが」と コメントが添えてありました。

どうされたのかな? と メールを拝見すると

「出産 育児と忙しい時間が過ぎ ずーと連絡をしなければと気になっていました
今更ですが 当時の結婚式(バリ島)の思い出が今も鮮明に残り その時着たウエディングドレスが大変良かったので
写真を送らせていただきました
ウエディングドレス一着だけを着たいとの思いが 色々アドバイスをもらい出来上がったドレスをバリ島で着ました
ドレスと風景が合って凄く嬉しい結婚式になりました。」

「写真は もうママになっていますので 顔出しなしで お使いください」  とコメントがあり 美人のお顔をカットいたしました。

嬉しいお便りをありがとうございます。

オフ白シャンタン生地に オーバースカートには 共色オーガンジーを重ねています。

外での挙式 撮影が多いと聞き 風をプラスしたふんわりと広がりが出るようなドレスにしました。

後ろのコサージュも共生地で作りました。

ドレスの裾部分には レースを止め ご本人に合う優しさがプラスされています。

ウエディングドレス 一着だけ へのお気持ちは 作り手側も真剣に取り組ませていただきました。

何回も 何回も 話し合い チャレンジし ご依頼側と作り手側 との一体から出来上がる フルオーダーは お互いの醍醐味でもあります。

このお客様のように いつまでも幸せな気持ちとなって残る様子が嬉しいですね。

常にフルオーダーでの物作りはこのように取り組みたいと思っています。

ピアノ演奏用ドレス お客様から嬉しいご感想をいただきました

20141027_header

ピアノ演奏用ドレスをお買い上げ頂いたお客様からこんなコメントが届きました。

サンプルで作りましたドレス、
表示したサイズに合いそうと言うことで、現品のドレス丈と身巾出しでお買い上げ頂きました。
そのお客様からドレス着用の写真とコメントをお送りいただきました。


「色合いとシンプルなデザインが好きで購入しました。
シャンブレーのオーガンジー生地の光沢が凄くステージに映えています。スカートの部分の座った時の広がりがとても素敵な印象が出ています。
それ以上に小さなキャップスリーブがピアノの演奏をスムーズにして、安心して腕が動かせ何の支障もありません。
生地の雰囲気とデザインがとても良く似合うとほめられました。」

このようなメッセージをいただきました。ありがとうございます。

 

ドレスの仕上がりはこのようなデザインです。
水玉柄シャンブレーオーガンジーにアンダーには同色の無地オーガンジーを重ね、スカート部分にボリュームが出るようにしています。
見頃はシンプルにドレスの丈に合わせた襟ぐりにしています。
音大生の方をイメージして襟ぐりを深くしないようにしました。

キャップスリーブは袖の下部分がなく、ピアノの演奏用ドレスには動きが十分あり。大変都合の良い袖になります。
大胆な襟ぐりカットのドレスがまだ抵抗ある方や、腕を出したくない方のピアノ演奏用ドレスにはお薦めの袖のデザインとして提案させて頂いています。

今回のキャップスリーブは、生地に張りがあるので、見頃をシンプルにして小さ目の袖山を立ちあげデザインのポイントにしました。
ピアノ演奏用のドレスは、「腕が十分に動く事が一番重要」ですので、このようなデザインもお薦めです。