好きなドレスが 又着れるようにドレスのお直しいたします

探して、選んで買ったドレスは思い入れがあり、又着たいですよね。手早くお直しをしてまた着れたら嬉しいですよね 次の演奏会までにご準備なさいませんか?
お直しのお手伝いいたしますよ。

ドレスは体にピタット密着していて綺麗にみえます。 そのためには身頃、胸周り辺りのきつさや、ぶかつきは醜いものですね。

ドレスの丈や裾巾の広がりに多少のお直しが必要でもそれほど見た目には気にならないものですが 身頃がピタットからだに添っていないと演奏会などでは お客様がその身頃辺りに目が行き、気にしてゆったり演奏を楽しむ事が出来ません。

演奏会にドレスを着用してステージに立つ場合は
ご自分の都合で ドレス直しをたいけど今回は我慢する は禁物です。
なぜってお客様に聴いて頂く、見て頂くものですから。

お直ししたいドレスをお持ちなら ドレスの一番目につく身頃、胸周りだけはピッタリ合うようにお直しする事をお薦めします。

動画でも説明していますが ドレスを試着をして 必要なサイズがどれだけかを確認します。

2c位でしょうか とか 3c位でしょうか のような空想の数字は試着すると必ず足りないはずですので 試着をして不足サイズをお出しください。

そして演奏する楽器や演奏者の体の動きなどは人それぞれですので 演奏する時の動き余裕分も必要になります。

ピアノ演奏やヴィオリン演奏で体の動きは違いますので 演奏しやすい分量がドレスには必要になります。

身頃がすっきり見えればそれだけで もう安心して演奏会にのぞめますし お客様もリラックスしてお聴きいただけます。

大きなお直しや リメイクはちょっと時間がかかりますが とりあえず身頃のピッタ感のお直しは短時間でお直し出来ますので

お悩みの方は お気軽にお問合せくださいませ。

ご連絡をいただければ試着をして仮縫いをする 方法の手順をご連絡させて頂きます。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

 

スカートのお直し ベルトの長さをプラスする場合

スカートのお直し ベルトの長さをプラスする簡単なお直し方法

スカートのウエスト出しのお直しで 時間が経つとウエストがきつく着ずらくなっていませんか?

簡単なお直し方法をお知らせします。

ギャザー入りのロングスカート ウエストが3c位不足していたので共生地(生地が残っていたので)ベルト先に生地をプラスして

不足分を出しました。  ←の部分が生地の接ぎ目になります。

スカートのウエストギャザーの部分を3c広げて出す方法ですが 後ろ中心から左右が均等に成るように ギャザー分を出します。

その為に後ろ部分のベルトは一度外してから 付け直す方法にしないと ギャザーが偏ります。

少しのお直しで またお召しになって演奏会、発表会に参加されると ドレスへの愛着も沸き ドレスも喜びますね。

お直しに関して どのような事でもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

中学、高校生向きの演奏用ドレスの作り方のポイント動画にて説明しています。

中学、高校生向きの演奏用ドレスの作り方、選び方のポイントを説明しています。

音学大学を目指すお嬢様方 それまでには多くのコンクールにも挑戦されていますね。

最近はトータルな演奏スタイルも要求される様になってきました。

演目や会場、コンクールの趣旨などに演奏者のスタイル、雰囲気が合っているか までも、審査員の目は観ているとお聞きしています。

中学、高校生のまだ大人になっていないお嬢様方に似合うドレス選びは難しいものですが その年代に似合うポイントがドレスの中にあれば
安心して演奏会に望むことができますね。

お母様の手作りドレスも十分素敵な演奏用ドレスになります。

ご質問がありましたら お気軽にお問合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

中学、高校生向きの発表会用ドレス 先ず生地選びから

中学、高校生向きの発表会、コンクール用ドレス 身長もお顔立ちもまだまだ成長期で発表会用のドレス探しは難しいですね。

以前 オーダーを頂いたドレスの生地が丁度一着分のありましたので 今からピアノの発表会に向きそうなドレスの制作にとりかかります。

多色のチエック柄は やはり若いお嬢様方に良くお似合いです。そのチック柄の一色の紺をスカート部分に使用する イメージの中学または高校生向きの発表会、コンクール用のドレスを作ってみます。

チェック柄はポリ、シルク素材で さらりと軽く ピアノ演奏などには 軽く、動きやすい素材です。

まだまだジュニアっぽいお顔立ちなので ドレスの丈はロング丈ではなく くるぶし丈がフレッシュさを演出します。

この年代のお嬢様方には スリップタイプのドレス大人っぽく まだ早く感じますので 肩がキチンとある
演奏時も気にならないデザインにします。

制作後は現品販売になります。

何かご質問がありましたらお気軽にお問合せ下さい。

アジサイ色のドレス 梅雨時の演奏会に爽やかな印象を与えます

600-hana

ブルー系の色とりどりの花柄のドレス
アジサイ色っぽく梅雨時の演奏会に良く映えますね。

一件多色柄に見えますが 遠目にはブルー系のサテン地の花柄です。

梅雨時期に映えるのではと制作しましたら 共感するお客様がお召しになることになりました。

薄地のサテン生地でスルッとした肌触りの生地です。 生地の触りも夏っぽい感覚ですね。

生地にはやや光沢はありますが 夏使用の素材になります。

ドレスも軽く仕上げています。

素材と柄にも季節感がありますね。

演奏用のドレスは素材、色また、季節により軽い印象やどっしり感の印象など見た目にありますが
ドレス美露土では どんな素材も仕立て方は軽いドレス作りを主流に制作しています。

それは演奏する人にとって演奏が違和感もなく楽な姿勢で演奏が出来るようにする為に
着るドレスは出来るだけ軽い仕立て方になる様 工夫をしています。

季節によって見た目のドレスの軽さ、重さも大事ですが 演奏者にとっての着心地の軽いドレスは大変重要と考えています。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/