チュール素材のドレスは夢がありますね。

600-siro

クラッシックバレーの衣装やウエディングドレスに使用されるチュール素材は ドレスへの最初にあこがれる素材ですね。

最近は色やハードからソフトまでの生地質も豊富になり プリントが乗ったりと色々カジュアル面にも広がっていますが

無地で表現するドレスは いつの時代には夢をそそりますね。

写真は子供のドレスのスカート部分です。

ソフトチュールは段々重ねにしてギャザー入りにすると広がり出るので お好みのボリュームはギャザーで調整出来ます。

チュール素材の特徴は 生地の端を断ち切が仕上げになりますので ウエスト部分が決まったら 裾線を切揃えます。

大人のドレスも裾端は断ち切になります。

生地はメッシュ状態なので 縫う時が穴に針が落ち糸が切れやすくなりますので注意が必要です。

生地を多く重ねると華やかさとボリュームが出ます。

演奏用のドレス 楽器演奏により素材の選びから吟味が必要ですね

IMG_0852

ビオラ・ダ・ガンバやギターなど 膝にのせて演奏する場合、演奏用ドレスの生地が滑る物が多く、演奏中のお悩みも多いようですね。

市場にある演奏用のドレスは華やかで ピアノ演奏、ヴィオリン演奏などに向くステージ映えのする華やかな物が中心の商品構成になっていますね 人口的に多いターゲットを中心に作られているからです。

ところが演奏する楽器が非常に多く有り 管楽器のトランペットやホルン、クラリネット、トローンボーンと女性の奏者も増え 演奏に向くドレスも多様化しています。

ドレスに向かない演奏スタイルも出てきています。

今回はスタイルと共に ビオラ・ダ・ガンバ、ギターを演奏される方で楽器が滑らない生地をお探しでした。
生地表面を特に注意されてオーダーを頂きました。

アップ写真の生地を使用しています。
透けている所はオーガンジーでボーダー柄がややモール状で生地の表面が少し盛り上がっています。
オーガンジーとの生地の段差が楽器を滑らなくなっている と ドレスに使用しました。

フレアーパンツ とブラウスのセットドレスになっています。

袖、ネック、ヨークはジョーゼット2重仕立てになっています。 演奏の動きやすさ、体になじむ素材を使用しています。

膝にのせての楽器演奏 生地の表面に凹凸のある物が楽器を滑らなくしますが なかなか生地探しは難しいですね。

ご質問などありましたら お気軽にお問い合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

わせくださいませ。

 

高校生向きの演奏用ドレスとは大人っぽくなく子供っぽくなく 高校生らしさが大事です

高校生向きの演奏用ドレスとは まだまだ成長期で大人過ぎず 子供過ぎずのドレスが良いのですが 特徴は露出部分の少ない物がのぞましいですね。

中学生から高校生向きの演奏用ドレスは どのようなデザインの物が良いのか ちょっと悩みますね。

ロング丈のドレスは大学生あたりにならないと似合わなかったりしますので 先ずは、ドレスの丈はロング丈でも
床までの長さではない物 足首丈、ミディー丈が良いと思います。

えりぐりや胸の開き具合は 開き過ぎは一気に大人っぽくなりますので、慎重にここの位置を決める必要があります。

まだまだ、新鮮でフレッシュな顔立ちですので 胸位置も高く、えりぐりがきちんとある方が高校生らしい雰囲気がでます。

年齢と共にえりぐりが深いドレスがお似合いになっていきますので ある程度しっかりした襟ぐりが高校生のドレスとしてお薦めです。

えりぐりを深く、ウエストギャザーの量を減らすお直しは成長と共に可能ですので 初めから大人っぽいドレスはお召しにならない方が良いのではとご提案させて頂きます。

何かご質問などありましたら いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

花柄プリントのドレス 春用ドレスの準備に入ります。

400-k

春はすぐそこに来ています。花柄プリントの春用ドレスの準備に入ります。

花柄は一番春らしい装いですね。 そこで春の演奏会用にドレスの準備に入ります。

どのような生地でも ドレスに使用する場合は裁断した生地をボディーにピン打ちして 生地を納まり良くする為に 少し時間をかけて生地をたらします。  ドレスのスカート部分は長く 生地のたれ分は必ずあります。

特に生地をバイヤス地で使用する場合は、一日位裁断した生地をたらし 生地の方向が落ち着くのを待ちます。

この様な工程を入れると 縫う時に 生地のゆがみが少なくなります。

花柄プリントはサテン生地です。

生地のたれの確認はスカート部分だけになります。

スカートの生地が裁断したら 身頃の裁断に入り裁断したパーツを繋げて、仕上がりのイメージを確認します。

身頃は生地によって芯貼りで調整をしますので 生地のゆがみはありません。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

ドレスのお直し ドレス丈の裾位置の決め方の説明です

ドレスのお直し、ドレス丈の裾位置の決め方は床上がりで均等にします。

スレンダータイプ(タイト)のドレスは試着をしてウエストから丈をあらかじめ決め
その次に床からの床上でドレスの丈を決めます。

裾広がりの演奏会向きのドレスは後ろ部分はややトレーンを引いたシルエットが良いのですが スレンダーのタイトなドレスは左右均等の裾が綺麗になります。

デザインによって床までの丈やアンクル丈などがありますので お好みに合わせたドレス丈を決めます。

試着をした場合は身巾により生地が少し上がります。 先ずその時点でドレス丈を決めます。

次にボディーに合わせてもう一度ドレス丈の確認をしますが その時の決め位置が床上がりで決めます。

左右均等になるようにピンを打ちます。

ドレス本体がどこにも触ってない状態のストーンと落とした状態で床上がりを決めます。

お直しのドレスは 既製品で丈がとても長いのでボディーの立ち上げに苦心をしています。

ほぼ、だいたいのドレスのお直しは出来ますので いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/