紬着尺地をコートに仮縫い

織しぼの不揃いが面白い 紬着尺地をコートに仮縫いをしてみました。

絹地の自然の黄ナリ具合が面白くしばらく放置していた反物を展示会用の単衣のコートに仮縫いをしてみました。

紬着尺分ですが 紬の帯に使用する硬さの生地です。

体になじまなず、カッコよく羽織れるコート。 ハードな生地の特質を生かしてみます。

織地だからこそ両面が使えるデザイン エリのひっくり返しをデザインに入れてみました。

裃のような張感が特徴の紬織 このシルエットでは 体になじまないのですがが羽織やすい形に作ってみます。

 

もう着ない 着物がどっかと送られてきました。

「何か お任せします」と着物類がどっさと送られてきました。
「もう着ないしチョッピリ古くなったから何かにして」と 材料が届くと作り手は嬉しいのです。

着物、帯 夏用、冬用と良く着こなされていて 生地が良い具合に柔らかくなっています。

お着物は季節がはっきりしていて 見ているだけでも楽しいものですね。

取り合えず 何かにしてみようと 塩瀬の帯をほどきました。

汚れも傷みのない塩瀬の帯ですが 中の芯を除くと生地がとても良い柔らかな風合いになっていて ためらいながらも

前部分の柄を利用して 懐紙入れをつくってみました。

形作りのに 中には帯に芯を入れています。

生地が柔らかくなっているので とても手になじみやすくなっています。

帯地の長い生地は まだまだ利用すれば復活の価値があるので 又 アイデイアを出して何かを作ってみます。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

鮮やかな道行コート地をワンピースのトップ部分に利用しました。

400-toxtupu

若い時にしか着なさそうな 鮮やかな道行コート 着るチャンスもなくワンピースの一部にリメイクしました。

色の鮮やかさと モチーフの面白さを生かして ワンピースのトップ部分に利用しました。

身頃のトップ部分の面積の少ない所ですが 升目もありタテ、ヨコ、肩接ぎの升目を合わせての裁断はチョット要尺も必要になります。

前中心の接ぎ目を避けようと擦れと 生地をヨコ地に使用しなければなりませんすると柄の向きがヨコになりそれでも使えますが 着物地本来のタテ地でつくってみました。

時間のたった着物地は着こなさなくても 柔らかくなっていて体になじみますね。

後ろも同じ位の面積にしてみました。

ワンピースを着用してみました。 源氏物語(女房語り)の山下智子さんと 語りの会にはちょっと和の匂いが良いかなと思いましたが これからの季節はもう少し色の薄目が良いですね。

着物地から色々リメイクをお受けしております。お気軽にお問い合わせください。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/