ドレスへのチョッピリのこだわりは自信と安心が出来ますね。

450-re-su

演奏用のドレスは、チョッピリのこだわりが演奏への自信と安心が生まれますね。

演奏者にとって どのコンクールも大変ハードなものであり避けて通れないところでもありますね。

演奏の技量、姿勢、そして衣装のセンスの良さまでも最近はコンクールの対照になっている為 そんな中 自信と安心で出来る衣装選びも重要になってきますね。

他より抜きん出てなくても 自分らしく自分に合った安心感のあるドレス選びは大事です。
審査員側も安心して聴けるドレス選びも大事な事ですね。

今回 オーダー頂いたドレスは エンジ色サテン地を演奏曲に合わせ よりダークな色にしたい との事で
黒のオーガンジーでは黒過ぎるので黒に近いダークなエンジ色のオーガンジーをドレス全体に重ねました。

演奏者の想い入れに近づくため オーガンジーの色を色々選びました。

奥まっているは所はより濃いダークな色に成るように仕立てました。

このお客様のこだわりは ウエストのレース巾の広さと後ろに向かってのレースの流れ具合に自分の演奏曲へのこだわりがあり このようなドレスを作らせていただきました。

永年演奏活動をされている方は 自分に会うドレスの雰囲気はよくご存じなのでデザインや雰囲気のアドバイスは致しません。

作り手側はただ 演奏に支障がなく 安心出来 軽く動きやすい機能性を盛り込んだドレスを作るだけです。

そうやって たくさんのご要望をまとめるのがドレスの作り手だと思って仕事をさせて頂いています。

現場の情報はご本人の体験、感想が一番の物つくりの糧になりますので 色々その時その時の演奏会の裏事情などもお聞きして次のドレス作りに役立てています。

お客様からの情報は大変ありがたく 感謝、感謝をして物つくりをさせて頂いています。

何か ドレスに関するご質問があればいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

 

 

 

ドレス制作、華やかさをプラスするには手仕事が加わります。

演奏用ドレス 楽器演奏に支障のない部分(楽器に触れると困る)でのドレスの華やかさのプラスは装飾品を付けるとより華やかになりますね。

バイオリン演奏やハープ演奏 など楽器を抱えたり、触ったりしての演奏では ドレスの装飾品には気をつけなくてはいけませんね。

ドレスに付いている装飾品が金属品やガラス質の物は特に注意が必要です。

ピアノ演奏の様に楽器から離れてのドレスの着用には ステージによって装飾品の付いたドレスがとても華やかさをプラスします。

素材や色、デザインによりドレスは色々と着用範囲が多くありますが
見られる立場でのドレスをお召しになる場合は華やかさが少しあると良いですね。

ミシンなどでの装飾付けも有りますが オーダーで頂いたドレスは
着る人の雰囲気に合う様に ビーズやスパンコールを手付けで そのデザイン、着る人の雰囲気に合わせて付けています。

手付けで行っていますので 増やし、減りなどはご希望で調整出来ます。

仕上がりはこんな感じのミニ丈ドレスです。

このままの着用も パンツとのセットでの着用もその場に合わせて可能です。

このドレスがロング丈の場合は 装飾はもっと多く付ける事になります。

ご質問 お問い合わせなどありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

ドレスと対のコサージュは色々なシーンに対応できます。

ドレスと対のコサージュは一番品よく着こなす事が出来ます。ショールのような装飾は取り外し可能にすれば色々の場所に応用できます。

シンプルなドレスはコサージュや装飾品で華やかに演出すると年代層に合った品の良いドレになります。

今回はご趣味の演奏会用のドレスのご注文ですが
また別のパーティーにもお召しになりたいとの事で本体のドレスはシンプルに取り外し可能なコサージュを華やかにがご希望でした。

コサージュの下に付けたショールも取り外し可能な作り方にしてみました。

時にはコサージなしのショールだけでもご使用になれます。

ドレスを色々着回し出来る小物のアレンジがあればまた楽しいですね。

色々お好みに合ったドレス作りをしています。 いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

シンプルなドレスはコサージュ、リボンで華やかに演出します。

400-ko

ドレスをシンプルにして リボンとコサージュで華やかに演出してください。がご希望です。

第一線をリタイアされご趣味のクラッシック音楽を楽しんでいらっしゃる方も増え 発表会用のドレスのオーダーを頂きました。

ドレス素材の選びも若い方々とは違い シャンタン系のブルーで

デザインはシンプルにステージでの演奏会なのでリボンなどの装飾品で華やかに。

大き目のリボンコサージュを付けた状態

リボンの下に長めのショールをつけました。

ショールは取り外し可能で 発表会のステージに合わせて華やかさを演出出来ます。

ミセスの発表会用のドレスは本体のドレスは控え目に装飾品で華やかさを演出すると安心して発表会にお出になれますね。

どこかに動きのある物があると体のラインを気にせず演奏ができます。

ドレスに関して何かご質問があれば 気軽にお問い合わせください。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

ドレスの装飾(刺繍)はモチーフにより図柄は変わりますが基本は変わりません。

dsc01999

オーダードレスで ドレスに付ける装飾刺繍 図案を基本に刺しますが使用するモチーフにより図柄が変わる場合もあります。

オーダードレスで装飾の刺繍を刺す場合 基本の図柄をお客様と相談しながら決めますが

装飾のモチーフとして使用するコード、スパンコール、ビーズ、モールなど 刺すボリュームや色によりイメージが変化します。

ご注文から制作をしていますので途中の様子をお客様と確認し、ご要望を取り入れていますと図柄がかわります。

色もボリュームも色々ご要望がプラスされますので表面の図柄は変わって行きますが総てご要望に振り回されると バランスを欠く事になります。

基本となる部分は細くてもしっかり基本を入れる様にしています。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/