演奏に支障のないドレス 自分で洗えて280gの軽いドレスはいかがでしょうか。

500-mae

軽くて、自分で洗濯出来るドレス チュール素材のドレス 練習時と変わらぬ軽快さでステージ演奏ができます。

ドレスに向くチュール地のプリント柄は中々なく 今回ソテツ柄の大柄プリントが手に入り 演奏用のドレスを作ってみました。

生地の色は茶とベージュの地味目の色ですが 下に朱赤のジョーゼットを重ね色を作ってみました。

大人の雰囲気の色合いになっています。

チュール地だけでは地味な色ですが 重ねる色で華やかさを増しています。

チュール素材をドレスにした理由は これからの季節、演奏者にとっては 演奏後のドレスの汗の始末に大変苦労をされている様子です

毎回のクリーニング代も大変だったり 連続の演奏活動では汗ばんだドレスを着なければならない事も有りなど

お悩みの声もお聞きしていましたので 自分で洗えるドレス 乾きも早い シワにならない 280gの軽いドレス を提案してみました。

280gの軽さは 普段の練習着よりも軽く感じるのではないでしょうか
会場が野外など移動が多い場合など 身軽に動ける事なども とてもメリットが多いドレスだと思います。

難点は メッシュ地なので柄、色が薄く見え遠目にはボケて見えそうです。 ボリュームもそれほど出ません。

裏地に重ねているジョーゼットは汗などにべたつかなく演奏中は爽やかです。

ドレスは現品のみの販売になります。 お安くご提供させていただきます。

お尋ね、ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

レス

自分で洗えるドレス 同素材のスリップドレス付きで完成しました。

DSC02392

自宅で、自分で洗える演奏用ドレス トラブルが起きない素材と縫製で仕上げてみました。

演奏する人にとっては演奏後のドレスのお手入れは大変厄介なものですね。 パーティードレスと違って、演奏用のドレスはたっぷりと汗をかき 素材によっては わじみが出来変色する場合もあります。 ですから演奏後のドレスのケアーは大事になります。

演奏会が連日続いたり、遠方での演奏会であったりした時などは悩みの種ですね。

そこで今回は 自分で簡単に自宅でも、ホテルでも洗濯出来るドレスを作ってみました。

チュールメッシュ素材とジョーゼットを合わせて仕立て 裏地は付けていません。 裏地付でも自宅洗濯は可能(素材を選ぶ)ですが アイロン仕上げが必要になります。

どなたでも簡単に洗濯出来る素材でのドレスになります。

前スタイル パニエなし

後ろスタイル パニエなし

裏側に合わせたジョーゼットでスリップドレスを美つ仕立てでつくりました。

裏地変わりになり 別仕立ては洗濯が楽、ドレスの透けの心配がなく動きやすく演奏しやすい。

同色、同素材のスリップドレスを合わせると 表から見る色のトーンが一緒なので下着っぽさが表に出ず安心して演奏に集中できます。

ドレスの内側の様子 ドレス本体の表地(チュール地)とジョーゼットを同時に縫い込んでいます。

同素材のスリップをスリップ止めで安定させて着用します。

別パニエを合わせれば スカート部分の広がりが出ます。

軽く、シワになら、洗濯可能のドレスをご提案します。

素材に光沢感がないので 演奏会でのメインのドレスにはチョット難しいかもしれませんが 練習用ドレスや替えのドレス
小ホールでの演奏用ドレスには向いていると思います。

こちらで現品を販売しています。

オーダーもお受けいたしております。 お問い合わせはこちらまで、お気軽にどうぞ

自宅で洗濯出来るドレスほぼ出来上がりました。

自宅で自分で洗濯出来る演奏用ドレス、チュール素材でつくりました。 軽さとシワにならない事も嬉しいですね。

一回の演奏会での汗のかき方は人それぞれですが、大量の汗は出ますよね
そのたびにクリーニングに出すと、とても負担が多く悩みますよね。

そこで 演奏会のもう一枚のドレスとして 自分で洗えるドレスを提案してみました。

チュール素材なので光沢や華やかさにはちょっと不足ですが 演奏用の合間のドレスや小さ目のホールなんどでの演奏会にお薦めです。

自分で洗える事を条件にすると 素材違いの裏地、芯地は外して仕上げました。

300gの軽いドレスになっています。 チュール素材とジョーゼットを重ねて仕立てていますので洗濯地は型崩れもなく、シワにもなりません。 2枚目のドレスとしてお薦めです。

ボリュームが必要な時には 下にパニエを組み合わせると ボリュームが出て華やかさも増します。

洗えるドレ入門は素材の簡単なもので それなりに華やかな物が 演奏用ドレスにむいていますね。

ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

自宅で洗濯可能のドレス制作中です

DSC02339

自宅で自分で洗濯出来るドレス 無難なチュール素材のドレスを作ります。襟ぐり、袖ぐりが洗濯で崩れないような仕立て方がポイントです。

スカート部分が広がりを出すために 表、裏は別々につくります。

身頃は表、裏を一枚仕立てにする事だ洗濯時に形が崩れないようにします。

チュール生地の下に合わせている生地はジョーゼット薄地です 表の生地の色を増す為と表生地との丈夫さを保つ為に色、素材を選びます。

この二枚の素材だけでは透明性があり下が見えますので、本来の裏地は別仕立て(別アンダー)の仕立て方になります。

自宅で自分で簡単に洗えるドレス は 素材選びが重要ですが ドレスに付いている裏地を外し 別仕立てにする方法が、
一番安心して洗濯出来るドレスになりますね。

ドレスはスカート部分よりも 身頃の特に襟ぐり、袖ぐりのラインが綺麗に保っていなければなりませんので 襟ぐり、袖ぐりの仕立てなきちんとパターンに添って仕上げます。

ドレス作りは 初めから終わりまで パターンに添っているかどうか、できれいな仕上がりになりますので

その都度の工程でパターン合わせながら作ります。

特に裏地のない物柔らかな素材は ミシン縫目が押されて行きますので 特に注意が必要になります。

自分で洗えるドレスは見た目は簡単に見えますが 仕立て方は慎重に注意が必要です。

 

何か、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

自宅で洗濯出来るドレスの身頃部分の制作の様子

これから演奏会が頻繁に行われるようになると その都度演奏用ドレスをクリーニングに出すのって大変ですよね。自分で家でドレスが洗濯出来ればどんなにうれしいだろう と想定して自宅で洗えるドレスを作っています。

生地の選択、仕立て方も通常のドレス作りと異なりますので その工程をお知らせします。

身頃部分のパーツですが チュール生地(メッシュ)とジョーゼット生地を重ねいっしょ縫いで一枚の生地の様に仕上げます。

生地を一枚の様に仕上げる事が 洗濯する時に生地がズレない為です。

通常のドレス仕立ての表生地、裏生地 と別々になっているとプロでない場合は洗濯は難しくなりますので
どなたでも自宅で洗濯ができるドレスにした場合は このように二枚の生地を一枚使用にして仕立てます。

スカートの部分は動きと広がりが必要なので 生地は別々に仕上げます。

シワにならずに、簡単に洗濯できる 入門編のチュール素材を使用しました。

光沢のあるサテンの生地でも可能ですが 仕上げのアイロンがポイントになりますので 先ずはアイロンの要らないチュール素材で作ってみます。

お尋ねしたい事などありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/