黒地のベルベットロングスカート 裁断後はピン打ちして生地をなじませます

黒のベルベット生地はこの冬の季節とても人気の素材です。第九の演奏会や発表会などに引っ張りだこですが 仕立ては上級クラスです。漆黒の黒色は上品でリッチな気分になるのでしょうね。

暮れの演奏会用の、黒ベルベットロングスカートの制作に入っています。

 

先ず 裁断した生地をボディーに添わせて 生地の流れを落ち着かせます。 ベルベットは毛足があるので糸印や裁断面がゆがんでしまう場合があります。 印通りに縫ってしまうとゆがんだ縫目になり綺麗な仕上がりにはなりません。

そこでピン打ちして生地の流れ自然にをなじませる様に数時間~半日ボディーに合わせて放置します。

ドレスの様にスカート丈が長い物は どんな生地も垂らして生地が安定するよう待ちます。

ドレス類は裾にむかって広がっているので 接ぎ目はバイヤス地になりますので このような作業は準備段階で大変重要になります。

最近は薄地のベルベットが人気で、一昔のような厚地で ヒップあたりの座った後が白くなるような素材はめっきり見なくなりました。

素材も年々変わりつつありますね。

ドレスや素材などご質問があればいつでもお気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

旅行着には、凄くうれしいシワにならず軽いジャガード生地のご提案

DSC02767

軽くて、シワにならない生地のハオリ物は旅行着には絶対にうれしい一着ですよね。製品ではなく軽い生地のご提案です。 お好きなデザインの羽織ものをお作りになりませんか?

日常の生活の中の衣服は 軽く、シワにならない、洗濯しやすいものが大変好まれます。

そのような中でジャケットなどの羽織ものに最適な生地を作ってみました

花柄の出ている所を生地が浮き出るようになっているのは その部分に熱処理で繊維が縮む糸を織り込んでいるからです。
裏面の糸が縮み表面はぷくぷく感が出て 生地にふっくら感があり、シワにならな状態をつくります。

このジャガードの生地は生地自体に面白い工夫がされているので、裏なしの単衣仕立てのジャケットが一番向いています。

色合いもパープル系グレーになっているので 上品な柄になっています。

生地はこちらで販売をしています。   ごらんくださいませ。

 

軽くて、シワにならない膨れジャガード生地の紹介

400-j

軽くて、シワにならない生地は羽織ってても疲れないし、旅行着に最高ですね。 膨れジャガード生地の紹介です。

旅行着にはどんなものが良いか と考え開発した生地です。

1、シワにならない、2、軽い 3、着心地が良い(ふんわりと体をしめないもの)

そしてこのような生地開発しました。

   生地左側は表面 右側は裏面になります。

ストライプ状態になっているところが縮む糸で織っています。 熱処理でそのストレイプ部分が縮み表面がぷくぷくした状態になります。

生地全体にも縮糸が織り込まれ細かな地模様を描いています。

このぷくぷく感がふっくらとした 軽い生地になっています。 ふくらみのある生地はシワにもならず
ふくらみのある分暖かく羽織る事が出来ます。

一枚仕立てで 十分な温かさを持った生地になっていますので ご年配の方の軽い羽織ものや旅行の一着に最適なものになりますね。

ハックの奥深くしまってもシワにはなりません。

グレーと白のお洒落な花柄は 落ち着きと品の良さが出てて おすすめしたい生地になります。

http://www.azamiya.com/item/gjf-1/  ← こちらで販売をしています。

生地について また縫製など のご質問はお気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/