[ピアノはっぴょうかい] のドレス

[ピアノはっぴょうかい] の絵本から

朗読サークルの仲間で 「絵本の朗読をします 好きなの選んで!」 と 誰も手に取らない絵本
「ピアノ悪くないね」 と ピアノはっぴょうかいの本を手にして パラパラと読んでみた。

おっ!っと 今まで気付かなかった 子供たちの心境が描写されているのでした。

作家さんの表現の上手さもあって 多くを気付かせていただきました。

発表会の子供ドレス は見栄えがして より可愛いく

親御さんのご希望を一番に聞いていつもドレスを制作していました。

肝心のお子さんの気持ちは 「どっち好き?どれがいい?」 的な

好みだけしか聞いていませんでした。

大人のドレスのような 演奏中の不愉快さなどのフィット性がない為 着心地はそれほど重要にしていませんでした。

この本から得た教訓は まったく新鮮で 自分の落ち度を真正面から受け取れました。

発表会に向かう子供達の心境は その日の朝から ハラハラ、ドキドキ の連続で

リハーサルが過ぎる辺りから 小さな胸は張り裂ける寸前です。

「○○ちゃん そのドレス可愛いね よく似合うね」 なんて大人は 緊張をほぐそうとあの手、この手でリラックスをする様に  うながすのですが そのような事は何の効き目もありません。

さあ! ステージです!

ステージの袖に並んだ時は 緊張は それはそれは高鳴り

「いつもの練習のようにね」の 先生の声など聞こえるはずがありません。

不安で 不安で 心配で 泣きだしたいくらいで  ただ ただ じっとがんばって子供達は不安に耐えています。
(この 不安に耐えている この子達が安心して演奏できる ドレスを作っていただろうか) と自分に問いかけみた。

可愛く 見栄えのするのが 子供の発表会ドレスではない 事に この絵本より気付かされました。

安心して 安心して 子供達は練習の成果を家族に披露したいのです。

 

物作りの落ち度をこの本から知らされました。

では どのようにすれば 子供達が安心して発表会を演じきれるのか!

大人と全く違う視点が必要です。

例1 誰かといつも一緒のドレス (お母さん ペット ぬいぐるみなど)
○お母さんが作ったドレスや全部作れなくてもリボンや刺繍にお母さんを感じる所があるもの
○小さなぬいぐるみやペットの写真が入るポケット

例2 大好きなお姉さんや あこがれの先生からのドレス
○お姉さんや 先生が着なくなったドレスをリメークしてドレスにする(同じドレスを着た安心感)

例3 安心できる匂いの感じるドレス
○このドレスはね このドレス生地はね 昔おばあちゃんもお母さんも着たの など物語を伝え愛情の深さを伝える事
の 安心感など

時間をかけ 問うてみると そのお子さんが発表会で一番安心するきっかけがつかめるような気がしてきました。

お子様の発表会ドレスは 安心して演奏できる事が一番です 話し合って

お母さんの経験も語り ゆっくりゆっくり時間をかけ ドレス作りをするのが一番良い様におもいます。

気付の多い本です。

 

リメイクドレス(四つ身からドレスへ) ご参考にどうぞ!

http://birood.jp/products/kimono/remake-yotsumi-junior/

 

 

Comments are closed.