自宅で洗濯可能のドレス制作中です

DSC02339

自宅で自分で洗濯出来るドレス 無難なチュール素材のドレスを作ります。襟ぐり、袖ぐりが洗濯で崩れないような仕立て方がポイントです。

スカート部分が広がりを出すために 表、裏は別々につくります。

身頃は表、裏を一枚仕立てにする事だ洗濯時に形が崩れないようにします。

チュール生地の下に合わせている生地はジョーゼット薄地です 表の生地の色を増す為と表生地との丈夫さを保つ為に色、素材を選びます。

この二枚の素材だけでは透明性があり下が見えますので、本来の裏地は別仕立て(別アンダー)の仕立て方になります。

自宅で自分で簡単に洗えるドレス は 素材選びが重要ですが ドレスに付いている裏地を外し 別仕立てにする方法が、
一番安心して洗濯出来るドレスになりますね。

ドレスはスカート部分よりも 身頃の特に襟ぐり、袖ぐりのラインが綺麗に保っていなければなりませんので 襟ぐり、袖ぐりの仕立てなきちんとパターンに添って仕上げます。

ドレス作りは 初めから終わりまで パターンに添っているかどうか、できれいな仕上がりになりますので

その都度の工程でパターン合わせながら作ります。

特に裏地のない物柔らかな素材は ミシン縫目が押されて行きますので 特に注意が必要になります。

自分で洗えるドレスは見た目は簡単に見えますが 仕立て方は慎重に注意が必要です。

 

何か、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.