ドレスに向く素材 オーガンジー ってどんな素材?

発表会や演奏会 そしてブラウダルなどのドレスに向く素材

オーガンジーの生地についてお話し致しましょう。

ドレスのオーダーをされる時は 一番に生地の選択から始まります。

オーガンジー生地は 平織で透け感があり、張のあるものが特徴です。

生地の厚さは ハードからソフトまで巾広くあります。 お召しになる物によって生地の風合いをお選びください。

素材も シルク、コットン、ポリエステル と色々ありますが 生地表面の光沢が一番多い物はポリエステルになります。

ポリエステルは生地の発色の良さ 光沢の良さ 丈夫 洗濯に強い 透明度も良く 演奏用のドレスにはポリエステルの素材がお薦めです。

オーガンジーの光沢を生かすときには ドレスの場合はスカートなどに 張感があるのでタップリボリュームを持たせると ふんわりとした

華やかな印象のドレスになります。

スカートにボリュウームを持たせた場合は 身頃はタイトにプリーツやタックで生地に変化を付けるとオーガンジー生地の良さがでます。

オーガンジー素材は透け感が特徴なので 裏地は必要になります。

同色の裏地を合わせる事が一番の基本ですが  透け感を利用してグレーやヴィオレット色など重ねると オリジナルなシックな色合いになります。

オーガンジーの特徴は 色の重ね方でお好みの色を作り出す事も ドレスをオーダーされる時の醍醐味であり

またご、自分でお作りになる時のワクワク感が大変うれしいものですね。

オーガンジーと裏地だけの場合は 生地がどちらも弱いのでもう一枚薄地サテンなどの生地を間に合わせると 張感とゴリュームが維持できます。

写真は 同色のシャンタンサテン生地を重ねています。 下にしっかりした生地を重ねますと 身頃をベアトップにして襟ぐりをオーガンジーの透け感で大人っぽく演出することも可能です。

裏地のみの場合は身頃が弱くなりますので オーガンジーでドレープたっぷりや タックギャザーたっぷりのデザインが良く見えます。

写真の生地は 山吹色の同色で シャンタンサテン とオーガンジーを重ねてみました。

色の良さを出す時は同系色を重ねるのが一番ですが オーガンジーは重ねる色違いから 真新しい色を作り出すことも出来ますので

次回は挑戦されてはいかがでしょうか?

オーダードレスは 市販にないドレスの色も重ね方によってオーダーできます。

ご自分でお作りになる場合は 生地の販売もしております。

オーガンジー生地 はこちらから

シャンタンサテン生地 はこちらから

大人発表会のドレスも お子様の発表会のドレスも どちらも ご使用になれます。

 

Comments are closed.