中学、高校生向き演奏用ドレスのポイント (ドレス便り) 

ドレスの作り手側からの ドレスのあれこれをニュースとして発信いたします。
中学生向きの演奏用ドレスの選び方のポイント

音楽をされている中学生のお嬢様方のドレス選びは親御さんとしては頭の痛い事だと思います。

中学生の時期は一番の最長期で 半年間であらあれという程、身長が伸びるお子様もいらっしゃいます。

ピアノやヴィオリンを永らくされていると 発表会、演奏会、コンクールと次々とステップを上げる挑戦が続きますね。

時にはドレス着用で との演奏会や、コンクールがあったりします。

一番体の成長する時期に 来年にはもう着れないだろうとの思いで高価なドレスを買うことに親御さんの抵抗が生じます。

小学生の時は お母様の手作りドレスでも何とか過ごせていましたが 中学生位になると そのお嬢様方の似合う雰囲気も出てきますので

ドレスをお選びに成る時は 中学生らしい雰囲気のサイズも、もちろんですが お似合いになるドレスをお選びください。

中学生らしいとは

顔立ちが初々しくフレッシュな印象 幼くもなく 大人びてもない この年齢にしかない雰囲気(文字での表現は難しいです)を持っていますので

発表会、演奏会でお召に成るドレスは 中学生らしい雰囲気のあるドレスがお薦めです。

1例ではこんな雰囲気のドレスがお薦めです。

肩付き、又は小さ目の袖があっても良い (大人の雰囲気のスリップひもタイプ 肌の露出の多いものはお薦めしません)

スカート丈がアンクル丈 足元が見えるもの (床までのロングドレスの丈は大人っぽくなりますのでお薦めしません)

中学生の時にしか似合わない雰囲気のドレスがあります。

最近のコンクールは 本人の演奏、演目とドレスが合っているか? なども審査に入ると聞いています。

成長期でもあり ご予算内でのドレス作り やリメイクも扱っております。

お気軽に お問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.