仕上がりに近いジョーゼット素材でのトワールをします。

生地が大変ソフトなシフォンジョーゼットの仕上がりのドレスは
トワール(仮縫い時)から本生地に近い素材で仮縫いをします。

フレンチかタイトな袖 デザインが確かではない状態でのトワールは片袖を付け お好みを確認します。

デザイン画や 雑誌のイメージ画では ご自信が何が似合うか またデパートの売り場でドレスを試着されてもなかなかこれが好き と
きまらない場合もありますね。

そんな時に トワール(仮縫い)から徐々に似合うライン、シルエット、など形を作っていくと納得される場合が多いですね。

そんな最初のトワールを準備しました。 ボートネック ややハイウエスト タックプリーツを入れています。

仮縫いをしお客様のお好みと似合うラインが大きくかわりました。

深目のVラインネック ウエスト切り替えを高く シャープな斜めライン 袖は五部袖 お召し頂くと一気にドレスも活気が帯びてきてドレスが活き活きとなってきます。

着る人の感情が入ると 既製品の様なデザインを変えられないドレスにはない 活き活きさが出来きます。

これからが作り手の腕にかかってきて仕事が楽しくなります。

オーダーはお客様と一緒に物作りをしていきますので お客様と作り手が一緒に楽しんで仕上げて行きます。

お問い合わせなどありましたら お気軽にお尋ねくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

Comments are closed.