ドレスへのチョッピリのこだわりは自信と安心が出来ますね。

450-re-su

演奏用のドレスは、チョッピリのこだわりが演奏への自信と安心が生まれますね。

演奏者にとって どのコンクールも大変ハードなものであり避けて通れないところでもありますね。

演奏の技量、姿勢、そして衣装のセンスの良さまでも最近はコンクールの対照になっている為 そんな中 自信と安心で出来る衣装選びも重要になってきますね。

他より抜きん出てなくても 自分らしく自分に合った安心感のあるドレス選びは大事です。
審査員側も安心して聴けるドレス選びも大事な事ですね。

今回 オーダー頂いたドレスは エンジ色サテン地を演奏曲に合わせ よりダークな色にしたい との事で
黒のオーガンジーでは黒過ぎるので黒に近いダークなエンジ色のオーガンジーをドレス全体に重ねました。

演奏者の想い入れに近づくため オーガンジーの色を色々選びました。

奥まっているは所はより濃いダークな色に成るように仕立てました。

このお客様のこだわりは ウエストのレース巾の広さと後ろに向かってのレースの流れ具合に自分の演奏曲へのこだわりがあり このようなドレスを作らせていただきました。

永年演奏活動をされている方は 自分に会うドレスの雰囲気はよくご存じなのでデザインや雰囲気のアドバイスは致しません。

作り手側はただ 演奏に支障がなく 安心出来 軽く動きやすい機能性を盛り込んだドレスを作るだけです。

そうやって たくさんのご要望をまとめるのがドレスの作り手だと思って仕事をさせて頂いています。

現場の情報はご本人の体験、感想が一番の物つくりの糧になりますので 色々その時その時の演奏会の裏事情などもお聞きして次のドレス作りに役立てています。

お客様からの情報は大変ありがたく 感謝、感謝をして物つくりをさせて頂いています。

何か ドレスに関するご質問があればいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.