ピアノ演奏用のブラウス 脇のプリーツの裾広がりは スカートとの見た目のバランスを良くする為です

500-burausu

ピアノ演奏用のブラウス 脇のプリーツは広がりを入れ優雅な雰囲気を漂わせます。

夏の演奏用のドレスは ブラウトとスカートの組み合わせタイプも軽やかさと爽やかさが有り素敵ですね。

ピアノ演奏用のブラウスの制作の様子をご紹介します。

ピアノ演奏をする時は座った右側が お客様からの視線があり ブラウスの裾は左右対象ではなく 右側を優雅に広がる様に長めに作ります。

ブラウスの裾を広がるようにするのは 座ってた時のピアノ演奏スタイルがボトム(スカート、パンツ)とのバランスが良い事とと ドレスのような優雅な雰囲気を演出できることですね。

それよりも 演奏者が体を締めずに安心して演奏できる処が一番です。

ブラウスの様な軽い物も 仮縫いを入れ その着る人の一番似合う裾のバランスを確認します。

夏のコンサートや野外コンサートなどでは 軽く、見た目も涼しさのあるデザインや素材

ブラウスとロングスカートなど 組み合わせのある演奏用ドレスもお薦めですね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.