演奏用のフレアーパンツ 先ずは仮縫いの準備からいたします。

ギターやチェロ、などの演奏用ドレスにはフレアーパンツがお薦めです。

フレアーパンツの仮縫い準備の様子になります。

楽器を抱えての演奏、足を上げたり、楽器をはさんでの演奏は、女性の場合は何かと演奏用ドレスの工夫が必要になりますね。

ここでお薦めしているのは ブラウスとパンツの組み合わせの演奏用ドレスです。

座っての演奏は前かがみになりますので 上下が分かれていると 腰の部分の動きが楽になり演奏もスムーズになります。

フレアーパンツは足部分をゆったり裾巾を広くなっていますので 柔らかいジョーゼットなどは落ち感も良く立姿はドレスの様にみえます。

今回の生地はモールが織り込まれ、ボーダー柄になっています。〈生地の表面が引っかかりのざらつきがあります) ヴィオラ・ダ・ガンバの演奏用に準備をしています。

膝に乗せたが楽器が滑らないような生地探しの依頼があり、このような生地をご提供しています。

皆さん工夫をされています。

フレアーのパンツは動きも楽で 急に 玄関ホールで演奏 となった場合も楽に動けて 演奏中の姿勢も気にすることなく 演奏に集中出来ますので 楽器に合わせてフレアーパンツのご使用も素敵だと思います。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.