ドレスのお直し ニットドレスの場合

ドレスのお直し ニットドレスの場合の説明です。

既製品のドレスには サイズ対応の範囲を広くする為 最近ではニットやストレッチ素材のドレスも多く出回っています。

ニットのドレスはその人のサイズぴったりより、もっときつく締める必要がありますのでお直しする時には注意が必要になります。

素材に合わせたお直し方法が必要です。 デザイン、縫い糸、お直しのポイントを見つけてお直しをしないと本来のデザインが損なわれますので注意が必要になります。

お直しなど ご質問がありましたらお気軽にお問合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

ドレスに付く装飾の大振りの花(コサージュ)もパターンを作ります

500-hana

ドレスの装飾の大振りの花(コサージュ)はイメージで作りがちですがパターンをきちんと作ればより良い仕上がりになります。

ドレスの全体の大きさからのコサージュ作り 先ずはイメージで作ってみます。

オーガンジーのバイヤス断ちで花びらを一枚ずつ構成しますが オーガンジーの生地の張具合によりイメージも異なってきます。

写真は ソフトな薄地のオーガンジーを使用しています。

ドレスの全体のイメージにもよりますので チュールを芯に合わせて作る場合もあります。

ドレスの裾部分に付くコサージュで直径55cの花を仮に作ってみました これをどのような表情の花に仕上げるかは これをパターンに展開しながら 枚数と合わせ検討します。

コサージュといえども きちんと基本パターンを作ってあれば 花びらの表情がどのように展開したいかが解ってきます。

これはご依頼のコサージュのパターン作りになりますので 基本パターンがあれば後は ご自身のイメージをプラスしてより良い者になるはずです。

装飾品は作り手のイメージがそのまま出て 2個3個と作る内に段々形が変わるものですが 基本のパターンがあればほぼ 同じ表情のコサージュができます。

小さな物もパターンを作る事は大事であると思います。

何かご質問があればお気軽にお問合せくださいませ。 

ウエディングドレス ドレープのパターン作り

ウエディングドレス ベアトップのドレスが支流の昨今 身頃をいかにデザインを豊にするかが勝負になりますね。

着る人の顔に近いトップの部分はドレスの顔になります。

素材、装飾、そして生地のテクニックなど ドレスの小さな身頃部分ですが そのドレスの大事なイメージを作り上げます。

写真は身頃に斜めドレープを入れ その流れの方向が腰部分にあつめ 螺旋を描くようにスカートの先へと流れるようなドレープをボディーに添って作っています。

バイヤス地のドレープはそのサイズに合ったボディーに合わせでドレープの分量、方向を決めます。

ボディーから外したドレープを 広げでパターン用紙に写し 後ろとのつながり具合をみながら 正式なパターン作りをして行きます。

素材、デザイン、サイズによりドレープの分量は変わりますので そのデザインでのパターン作りが必要になります。

パターン作りなどで ご相談がありましたら お気軽にお問い合わせください。

 

チェック柄の中学、高校生向き演奏用ドレス出来上がりました

チェック柄の中学、高校生向き演奏用ドレス出来上がりました。チエック柄はこの年代の方々には大変お似合いです。

小柄の多色チェック柄 身頃に使用 スカート部分は紺系の無地オーガンジーを使用しています。

前スタイルです。

後ろスタイルです   写真はパニエなしの状態ですが パニエを合わせた広がりも素敵ですね。

衿はロールカラーで首から離しています。ドレスは襟元が詰まっていると見苦しいので襟元に広がりをだしています。

後ろ身頃の斜めウエストポイント切り替えは 身頃がシャープに細く見える様に また 身長を高く見せる様にしています。

スカートは オーガンジー、サテン、裏地の3枚重ねになっています。

中学、高校生向きのドレスは 原則 あまり光沢のない方が望ましいので 光沢のある茄子紺色のサテン地をオーガンジーの下に重ね
色調整と光沢を押さえる様に組み合わせをしています。

中学、高校生向きのドレスは 床いっぱいのロング丈より足首丈の長さが新鮮でフレッシュさを感じます。

ご質問などありましたらお気軽にお問合せくださいませ。

ベアトップのドレスは胸まわりのフイット感が一番大事になります。

ここ数年 ウエデイングドレスの大半のデザインがベアトップのドレスですが 胸まわりのフイット感が着る人を一番良くも悪くもします。ドレス全体や素材より胸まわりがピッタリその人に合っているか最重要になります。

既製品も多く出回っていますが 装飾品の華やかさや素材の豪華さに惑わされずに 胸まわりがフイットしたものをお選び下さい。

今回は ご自分のサイズだけでご購入されたドレスをその着る人に合わせて 一番綺麗に見える様に胸まわりをフイットするお直しをしました。

同じサイズでも着る人の体系がそれぞれあり サイズと体系は別である事を知って頂きたいと思います。

7号~9号サイズの方のドレスですが 既製品の為バストカップが大きい物が取り付けてありました。

身長が170cm 近くの長身の方なら大きなバストと身長のバランスが取れていますが 身長が160cm以内ではバストの大きい様子はバランスが悪くきれいには見えません。

お召しになるご本人も普段と違うバストの大きさに落ち着かない様子で 楽しいウエデイングパーテーにはならないはずですね。

今回はウエディングドレスの身頃部分 特に胸まわりをフイットさせるようなお直しをいたしました。

既製品のドレスは身長170cm位まで対応出来ますので 身頃の丈も自然に長めになっています。

そして試着をして頂いき その方の一番フイットするバストのトップラインは 2cm位縫い込む必要が出てきました。

大きめのバストも分量を減らしました。

肩部分が付いたドレスの場合はまだ バストはそれほど協調されませんが ベアトップの場合のバストラインは大変注意をしてドレスを選んでいただきたいものです。

サイズと体系は全く違う事を知って頂き ドレスをご購入くださいませ。

ドレスのお直しもお受けしております ご相談などお気軽にお問合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/